マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

第68回マカオグランプリ開幕まで約2週間、観戦チケット販売率は6割に…事前予測通りの進捗

観光2021/11/07 11:31

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(マカオGP)。市街地の一般道路を転用した全長6.2kmの「ギアサーキット」を舞台に毎年11月中旬に開催されている。

 今年(2021年)の第68回大会は、コロナ禍で規模を縮小しての開催を予定しており、期間はから1日短い3日間(11月19〜21日)、開催レース数は6種となっている。

 マカオ政府体育局とマカオグランプリ組織委員会では、11月6、7日の2日間にわたって、マカオ半島の中央部にある塔石広場を舞台に「マカオグランプリ親子カーニバル」を開催している。広く市民や旅客にマカオグランプリの魅力をアピールし、グランプリムードを盛り上げるプロモーションの一環として恒例開催されているもので、子供たちがグランプリの選手やスタッフに扮した体験ができる。同会場では、11月13、14日にかけて、レースカーやセーフティカーを展示するイベントも開催予定。

 マカオ政府体育局の潘永権局長は11月6日の親子カーニバル開幕式に出席した際、今大会の観戦チケット販売状況について、全体として5〜6割程度、一部スタンドについては7割超に上っているとし、本番までの約2週間で事前予測通りに進捗するとの見方を示した。

 参考までに、前回大会(3日間)の入場者数は延べ約5万人、コロナ前の前々回大会(4日間)は約8万6000人だった。

 今大会の開催レースは「SJM・フォーミュラ4(F4)マカオグランプリ」、「サンズチャイナ・マカオGTカップ」、「ギャラクシーエンターテインメント・マカオギアレース(ツーリングカー)」、「メルコ・マカオツーリングカーカップ」、「MGM・グレーターベイエリアGTカップ」、「ウィン・ポルシェカレラカップチャレンジ」の6種と発表されていたが、潘局長によれば、「ウィン・ポルシェカレラカップチャレンジ」は参加選手リスト等の資料が揃わず、督促後も進展がないことを理由にキャンセルし、1950ccのツーリングカーによるレースで代替することも明らかにした。

フラッグを手にするのがマカオ政府体育局の潘永権局長=2021年11月6日、「マカオグランプリ親子カーニバル」会場(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース