マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、単日インバウンド旅客数が3.5万人を記録…マカオGP初日

産業・経済2021/11/20 18:25

 マカオ政府旅遊局(MGTO)が11月20日に発出したプレスリリースによれば、マカオにおける新型コロナ流行状況の安定に加え、マカオグランプリやマカオフードフェアなどの大型イベント開催も追い風となり、両イベントの初日にあたる11月19日(金曜日)の単日インバウンド旅客数が延べ3万5525人を記録したとのこと。

 直近1週間(11月12〜18日)累計のインバウンド旅客数は延べ18万6582人、1日あたり平均は2万6655人で、10月の1日あたり平均(1万0622人)から150.9%増だった。

 マカオでは、9月下旬と10月初旬に新型コロナの市中感染確認例が相次ぎ出現。感染力の強いデルタ株だったことから、水際措置及び域内における防疫措置の強化、二度にわたる全市民対象のPCR検査実施などの対策が講じられた。その後、新たな市中感染確認例は出現しておらず、状況が落ち着いたことを受けて、各種防疫措置についても段階的に緩和も進んだ。10月19日から中国本土との隔離検疫免除での相互往来も再開となり、インバウンド旅客が戻るきっかけとなった。11月19日の単日インバウンド旅客数は、9月25日に水際措置が強化されて以来の最多。

 マカオグランプリの会期は21日までの3日間となるが、マカオフードフェスティバルは12月5日までの17日間。さらに、12月4日から来年1月2日にかけてはマカオライトフェスティバルも開催予定。イベントをフックにインバウンド旅客が順調に回復すれば、長引くコロナ禍で疲弊した観光業界の活性化につながると期待されている。

大勢の観客で賑わう第68回マカオグランプリのリスボアスタンド(資料)=2021年11月19日(写真:MGTO)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース