マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港、13年第2季旅客輸送量15%増

産業・経済2013/07/04 07:59

マカオ国際空港運営会社は3日、今年(2013年)第2季の旅客輸送量が15%増となるのべ230万人超、フライト数も21%増となる2万3000回に達したことを発表。6月単月の旅客輸送量はのべ40万人を超え昨年同月比12%増、離発着回数は4,000回超と同23%増。

7月から8月の夏期休暇期間中、多くの航空会社が増便や新路線の開設を予定している。澳門航空はバンコク便を毎日3便に、アモイ航空はマカオ発着便を毎日1往復とする。この他、マレーシアのファイヤーフライ航空、ラオス航空などの東南アジアの航空会社が8月にも新路線を開設する計画。

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年1月25日発刊 (2月号 vol.080」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース