マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ大学が5ヵ年計画発表…学生数は4割増の1.7万人を想定

その他2021/12/23 19:23

 マカオの公立総合大学「マカオ大学(澳門大學/Uiversity of Macau)」は12月23日、5ヵ年発展計画(2021/22〜2025/26年度)を発表。

 計画によれば、2025/26年度の学生数は約1.7万人としており、現状の約1.2万人から4割増となる。修士及び博士生を大幅に増やし、学士生については安定的に約7500人規模を維持するとのこと。地元マカオ学生の入学を優先する前提の下、域外からの学生誘致も拡大したい考え。教員の数についても年々増やし、教員・学生比率の1:15実現を目指すとした。

 また、人文社会系では芸術・デザイン学部、芸術学修士・博士課程、中国法と環境法類の学士課程、哲学・宗教研究類の修士課程、理工・医薬系では先端新素材、海洋科学エンジニアリング方面の学科、薬物科学類の学士課程、公共衛生、人工知能、近海・環境エンジニアリング類の修士課程などを新たに増やす計画。加えて、広東省及び香港と多数の共同研究室を開設、参加する予定という。

5ヵ年計画について発表するマカオ大学の宋永華学長=2021年12月23日(写真:澳門大學)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年12月27日発刊 (1月号 vol.103」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース