マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、老年人口が10年前から倍増…2021年センサス初歩結果

産業・経済2021/12/31 11:34

 マカオ政府統計調査局(DSEC)は12月30日、2021年センサス(日本の国勢調査に相当)の初歩結果を公表した。

 2021年8月のマカオの総人口は前回調査(2011年)から23.5%増68万2100人で、10年間の平均増加率は2.1%。世帯総数は18.7%増の20万2700世帯で、1世帯あたり平均人員は2.98人。

 人口構成はローカルが84.3%、海外労働者が13.9%。前回調査からローカル人口の増加率が17.2%だったのに対し、海外労働者は51.8%に達し、人口増の主要因となっている。また、総人口に占める女性の割合は53.0%で、人口性比は(女性100人に対する男性の数)88.5。

 年齢構成については、青年児童人口(0〜14歳)が50.3%増の9万9000人、成年人口(15〜64歳)が12.0%増の50万0300人、老年人口(65歳以上)が107.2%増の8万2800人。人口寿命も延び、年齢中位数は1.4歳上昇の38.4歳に。高齢化が続く中、扶養率(老年人口に対する成年人口の比率)は7.7ポイント上昇の16.6%まで上昇した。

 陸地面積は33.0平方キロメートル、10年間の平均増加率は1.0%で、同期間の人口増加率を下回った。これに伴い、人口密度(1平方キロメートルあたり)は2191人増(11.9%増)の2万0645人に。

 マカオでは、およそ10年ごとにセンサスが実施されており、2021年で16回目。最初にセンサスが実施されたのはポルトガル統治下にあった1866年のことで、当時の総人口は5万6252人だった。1970年実施の第11回以降は6回連続で人口増が続いている。

マカオ「2021年センサス」調査員による戸別訪問の様子(資料)=2021年8月(写真:DSEC)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年12月27日発刊 (1月号 vol.103」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース