マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの公務員、出勤時に新型コロナワクチン2回接種またはPCR検査陰性証明提示が必須に

社会・政治2022/01/08 10:45

 マカオ政府行政公職局は1月5日、「公務員新型コロナワクチン接種ガイドライン」の更新版を発出。

 更新版ガイドラインでは、2月21日からすべての公務員に対し、出勤時に新型コロナワクチン2回接種(2回目の接種完了後14日経過)証明、または直近7日以内に受検したPCR検査結果の陰性証明を提示することが必須とされ、これらを提示できずに欠勤となった場合、不合理欠勤とみなす措置が講じられる。

 ワクチン接種は無料で受けられるが、PCR検査の受検費用は自費となる。ただし、健康上の理由でワクチン接種不適合の場合には、医師による証明書を取得することで、無料でPCR検査を受検できるとのこと。

 昨年9月に発出された従来のガイドラインとの比較では、ワクチン接種に関する要件が強化されたかたち。

 マカオ政府では、民間に対してもいわゆる「ワクチンバブル」(飲食店など特定の場所へ入る際にワクチン2回接種完了後14日経過の証明の提示を求める措置)の導入を検討していることを明らかにしている。

 マカオにおけるワクチン接種率はすでに7割を上回っているが、20歳未満と60歳以上が伸び悩んでいる状況。政府社会文化庁の歐陽瑜長官は1月7日、囲み取材に応じた際、社会文化範疇の公務員における接種率は約85%であるとした。

マカオ特別行政区政府本部ビル(資料)—本紙撮影

マカオ特別行政区政府本部ビル(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年6月27日発刊 (7月号 vol.109」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース