マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

失業率史上最良水準1.8%維持―今年4月-6月就業調査

産業・経済2013/07/26 16:33

マカオ政府統計調査局は7月26日、今年(2013年)4月-6月の就業調査結果を発表。失業率は前回調査(2013年3-5月)の1.8%と変わらず、引き続き歴史的最良水準を維持。就業不足率はマイナス0.1ポイントの0.7%だった。

同時期の労働人口は36.40万人、労働力参加率は72.4%。そのうち就業人口は35.75万人で、前回調査と比較して3,100人の増。業界別では建築業従事者数が8.8%増えた。業界別の就業人口割合は文化・娯楽・カジノ及びその他サービス業が25.7%、ホテル及び飲食業が15.6%を占めた。

失業人口は6,500人で前回調査から100人増。初めての職探しをする新増労働力に占める失業人口は5.3%で、2.3ポイント下落。

今年第2季の失業率1.8%及びマカオ市民失業率2.3%は直前期と比べてそれぞれ0.1、0.2ポイント低下。労働人口が5,400人と直前期から顕著に増加し、その中の就業人口増は5,700人、つまり、失業人口が300人減少した。

第2季の就業人口の平均月収入は12,000パタカで第1季から変化なし。就業人口のうちマカオ市民の平均月収は14,000パタカで同500パタカ減。ボーナス減の影響。この他、毎週35時間以上或いはフルタイム勤務のマカオ市民の平均月収は15,000で第1季と変わらず。

大手リゾート各社のウェブによる人材募集(各社公式ページより)

大手リゾート各社のウェブによる人材募集(各社公式ページより)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース