マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

業績好調のマカオ国際空港、下期3路線新設へ

産業・経済2013/07/27 08:48

マカオ国際空港専営会社は26日、今年下期計画の発表会を行った。中国・鄭州、ラオス、マレーシア・ジョホールバルの3都市との間を結ぶ新路線の就航、珠海・灣仔港からの海空直接乗継ぎサービスを新設が予定されているほか、キッズルーム設置やレストランの拡充によるサービス向上を目指すという。

今年上期の結果については、貨物輸送量が12,502トンで昨年比6.4%減となり、目標達成率44.33%だったのを除き、他項目は好調だった。ビジネスジェットの発着は同18.9%増の930回で目標達成率51.93%、旅客輸送量は同15.1%増の236.2万人で目標達成率51%、発着回数は21.2%増の23,482回で目標達成率53%という結果。上期は中国・温州、瀋陽の2路線が新規就航した。

上期の旅客輸送実績236.2万人のうち、入境者が105万人、出境者が113.7万人で、どちらも昨年比14%増。全体に占める乗継ぎ客の比率は縮小したが、数量は31%増の17.54万人に伸びた。マカオを経由して東南アジアへ向かう中国本土旅客の増によるもの。

上期の総収入は4.26億パタカで、昨年同期比18%増。そのうち航空収入が1.93億パタカで同20%増、非航空部門からの収入は2.33億パタカで同16%増。同社によると航空収入と非航空部門からの収入比について、国際標準では半々が理想とされているとし、マカオ国際空港もそれを目指す方向だとしている。

マカオ国際空港ターミナルビルの旅客輸送キャパシティは年間600万人で、今年は容量の8割となる480万人に達する見込み。拡張を考慮する段階が近づいているといえる。

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース