マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ウィン第2季業績発表、マカオ純利2.6%増、コタイ16年上半期開業

産業・経済2013/07/31 10:35

米カジノ運営大手ウィンリゾート社は29日、今年(2013)年第2四半期の純利益が前年同期比6.3%増となる13.323億米ドル(日本円換算:約130億円)だったことを発表。収益の上昇幅はラスベガス16.2%で、マカオの2.6%を大きく上回る結果となった。第2季の調整後EBITDAは10.8%増の4.257億米ドル。

ウィンマカオの第2季純利益は2.6%増の9.309億米ドル(同約91.2億円)。第2季調整EBITDAは4%下落の2.901億米ドル。第2季のVIPゲーミングテーブルのローリングチップ売上は1.6%下落となる299億米ドルだった。VIPゲーミングテーブルの利益額に占めるローリングチップ(コミッション控除前)の割合は2.94%で、昨年同期から0.15ポイント高かったが、2.7-3%としていた事前予想の範囲内。

マスフロアゲーミングテープルの利益額は8.5%増の2.17億米ドル。マスゲーミングテーブル1台あたりの1日平均利益額は6.5%増となる10,963米ドルに。マスゲーミングフロアの掛け金は6.7%減となる6.266億ドル。マスゲーミングの利益比率は4.8ポイント増の34.6%。

第2季、スロット機の掛け金額は12億米ドルで昨年同期と変わらず。スロット機の利益額は8.9%の下落で、1台あたりの1日平均利益も2.9%減の731米ドルに。スロット機台数は昨年同期と比較して57台減。

ウィンマカオが第2季時点で保有するゲーミングテーブルは500台(VIP285台、マスゲーミング205台、ポーカー10台)、スロット機は884台。第2季、ホテル客室のADR(1日あたりの平均客室単価)は前年同期比1ポイント減となる314米ドル、ホテル客室稼働率は5.5ポイント増の95.5%、REVPAR(提供可能客室1室あたり収益)は5%増の300米ドルだった。また、非ゲーミング部門からの収益は3.3%増の9,990万米ドル。

コタイ地区のウィンコタイプロジェクトについて、今年2月から基礎工事を展開している。開業予定は2016年上半期を予定。総予算は40億米ドル。

ウィンマカオ(資料)=マカオ・新口岸—本紙撮影

ウィンマカオ(資料)=マカオ・新口岸—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年5月25日発刊 (6月号 vol.084」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース