マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

国際カジノ見本市「G2Eアジア」がシンガポールで初開催へ…13回連続開催のマカオからシフト

カジノ2022/04/11 18:23

 アジア最大規模の国際カジノ見本市として知られる「G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア」が今年(2022年)8月24日から26日にかけて、シンガポールの統合型リゾート(IR)マリーナベイサンズ(写真奥の建物)で開催されることがわかった。

 G2Eアジアは、アメリカゲーミング協会とリード・エグジビションズの共催で2007年にスタートし、2019年まで13年(回)続けてマカオで開催されてきた。しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受け、2020年と2021年にかけて開催が見合わせが続いた。ゼロコロナ政策を維持するマカオでは、現時点でも厳格な水際措置が講じられており、中国本土以外との相互往来が事実上困難な状況。一方、シンガポールはウィズコロナ政策に転換しており、海外との往来もマカオと比較して容易となっている。

 今年8月にシンガポールで開催予定の「G2Eアジア2022」については、タイトルに「スペシャルエディション」の文字が入り、将来的にマカオへ復帰する可能性にも含みを持たせたものと受け取れる。また、シンガポールの会場となるマリーナベイサンズは、マカオの会場だったヴェネチアンマカオと同系列(ラスベガスサンズグループ)の運営。

 マカオは世界最大のカジノ売上を誇る都市だが、G2Eアジアなどのエキジビションを通じて業界の最新トレンドや人材が集うハブとしても存在感を高めていた。来年以降、本展がマカオに復帰するのか、それともシンガポールで継続開催となるのか、動向に注目したい。

シンガポールのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年4月23日発刊 (5月号 vol.107」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース