マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、海外労働者数が急減…8年ぶり最少の15.8万人に=2022年7月

産業・経済2022/09/06 20:20

 ゼロコロナ政策を堅持するマカオでは、依然として厳格な水際措置が講じられており、インバウンド旅客数の低迷が長期化する中、経済にも大きな影響が生じている。

 今年6月中旬から7月末にかけて市中でオミクロンBA.5のアウトブレイクが出現したことを受けて、最新の雇用統計(5〜7月)ではマカオ居民(ローカル)の失業率は過去最悪に。一方で、雇用の調整弁となる海外労働者の数は急減した。

 マカオ政府労工局発表資料によれば、今年7月末時点の海外労働者数は対前月4568人減の15万7823人で、2014年6月以降の最少だった。すべての業界で減少しており、最も減少幅が大きかったのがホテル業。1488人減の3万8336人に。以下、建設業が932人減の2万8099人、不動産・ビジネスサービス業が516人減の2万2284人。当局が発給済みの海外労働者雇用枠は20万0700人分に対して海外労働者数が15万7823人であり、雇用比率にして78.6%だった。

 インバウンド旅客数の目に見える回復時期が読めない中、企業側も雇用に対して慎重にならざるを得ない状況となっている。

マカオ半島中心部の町並み(資料)-2019年9月、ポンテ16にて本紙撮影

マカオ半島中心部の町並み(資料)-2019年9月、ポンテ16にて本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年9月27日発刊 (10月号 vol.112」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース