マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ航空が台北線の運航再開…成田線とハノイ線に続く

観光2022/11/09 11:17

 マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)は、新型コロナウイルス感染症の影響により中国本土線以外の定期旅客便の運休を余儀なくされていたが、成田線とハノイ線(ベトナム)の運航を10月から再開したのに続き、11月8日からは台北(桃園)線も再開した。

 台北線は火曜日の運航で、マカオから台北の所要時間は約1時間45分(直行便)とのこと。

 マカオ航空はコロナ前にはマカオと日本の3都市(成田、関西、福岡)の間で定期便を運航し、このうち成田と関西はダブルデイリーだった。目下、日本線についてはマカオと成田の間で週1往復(木曜日)にとどまる。

台北・桃園国際空港に駐機するマカオ航空機=2022年11月8日(写真:マカオ航空駐台北スタッフ提供)

 マカオ航空は本紙に対し「マカオでは依然として入境時に義務的隔離検疫を要し海外からの旅客にとって厳しい状況が続いていますが、すでに運航を再開した路線の便数拡大や未だ運休している路線の運行再開にも期待が高まっています」とコメント。

 マカオと中国本土との間については隔離検疫免除での相互往来が実現している一方、中国本土以外との間については長期にわたって厳格な水際措置が維持されており、今後の制限緩和の有無及びその時期、程度について大きな関心事となっている。

<資料>マカオ航空マカオ〜台北線運航ダイヤ
NX602 マカオ(09:00)〜台湾/桃園(10:45)/火
NX601 台湾/桃園(11:45)〜マカオ(13:40)/火
*いずれも現地時間

マカオ航空台北線運航再開初便の出発ゲートの様子=2022年11月8日(写真:マカオ航空駐マカオスタッフ提供)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年11月25日発刊 (12月号 vol.114」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース