マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

2021年の対マカオ直接投資流入は約6750億円…カジノ業のマイナス幅は縮小

産業・経済2022/11/22 10:59

 マカオ政府統計調査局が11月21日に発表した昨年(2021年)の直接投資統計によれば、同年の海外(中国本土、香港、台湾含む)からマカオへ流入した直接投資は382.0億パタカ(日本円換算:約6750億円)だった。

 業種別では、ゲーミング(カジノ)業が169.6億パタカ(約2997億円)、金融業が149.3億パタカ(約2638億円)、卸売・小売業が47.4億パタカ(約838億円)で、主な直接投資元は英領ヴァージン諸島の183.9億パタカ(約3250億円)、香港の119.5億パタカ(約2112億円)、中国本土の95.3億パタカ(約1684億円)。

 外来直接投資者の投資利益(税引後利益及び受取利息などを含む)は159.4億パタカ(約2817億円)で、中でも外資の金融業における収益が前年から98.3%増、卸売・小売業では285.9%増。なお、カジノ業については前年に続きマイナスで、180.5億パタカ(約3190億円)の赤字だったものの、顕著な改善となった。

 2021年末時点までの対マカオ累計直接投資総額は前年から12.4%増の3337.6億パタカ(約5兆8978億円)。投資元の国・地域別では、中国本土、香港、英領ヴァージン諸島からがそれぞれ13.5%増の667.0億パタカ(約1兆1784億円)、13.6%増の971.7億パタカ(約1兆7167億円)、38.5%増の667.0億パタカ(約1兆1784億円)に。一方、ケイマン諸島からについては11.5%減の617.0億パタカ(約1兆0901億円)。業種別では、ゲーミング(カジノ)業が14.5%増の1393.8億パタカ(約2兆4625億円)、金融業についても14.9%増の998.2億パタカ(約1兆7635億円)。

 このほか、2021年のマカオ企業による在外直接投資は257.8億パタカ(約4555億円)に上ったが、投資利益は8.8億パタカ(約155億円)にとどまった。2021年末時点までの累計は前年から36.1%増の999.4億パタカ(約1兆7657億円)で、中国本土向けが756.2億パタカ(約1兆3360億円)を占めた。

 直接投資統計は工業、建設業、ホールセール・リテール業、ホテル・飲食業、運輸・倉庫・通信業、金融業、ゲーミング(カジノ)業、不動産開発・賃貸販売業等に属するマカオ企業が対象で、個人は含まれない。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2020年7月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年11月25日発刊 (12月号 vol.114」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース