マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの新型コロナ感染率6〜7割…中国本土、香港、台湾から入境の場合は検査証明不要に

社会・政治2023/01/05 19:37

 マカオ政府は1月5日午後4時からの会見で、同月8日午前0時から新型コロナ防疫措置を調整(緩和)すると発表。

 中国本土、香港、台湾からマカオへ入境するにあたり、いかなる新型コロナ検査証明も求めないとした。中国本土、香港、台湾以外の国と地域から入境する場合はマカオ行き航空機、船舶の搭乗手続き時に48時間以内の抗原検査またはPCR検査陰性証明の提示が求めれる。香港、台湾、外国からの入境者は入境翌日から7日以内に中国本土へ入境する際に48時間以内のPCR検査陰性証明が必要とのこと。

 このほか、8日からマカオ国際空港のトランジットサービスが再開され、入境時の強制的健康申告と入境後の健康管理措置は廃止となる。

 マカオ政府社会文化庁の歐陽瑜長官は会見の中で、すでに流行はピークアウトしており、1月8日に(ゼロコロナからウィズコロナへの)過渡期を終える述べ、1月4日時点までに人口の37%にあたる約25万人の感染報告があったが、未報告や無症状もあり、医療機関、学士、教員の間での感染率調査結果をベースにした試算として、すでに人口の6〜7割が感染済みとした。

 衛生局の羅奕龍局長によれば、最新調査における流行株はオミクロンBA.5.2が77%、BF.7が23%だったとのこと。

香港とマカオ、珠海を結ぶ「港珠澳大橋」のイメージ(資料)=2019年10月本紙撮影

香港とマカオ、珠海を結ぶ「港珠澳大橋」のイメージ(資料)=2019年10月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース