マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ聖ポール天主堂跡で開催中の特設展が1ヶ月延長へ…最新技術で約400年前の様子を疑似体験

観光2023/01/13 21:15

 マカオを象徴する建造物のひとつとして知られる世界遺産・聖ポール天主堂跡の特設会場でマカオ政府文化局(ICM)が開催するハイテク展「Visiting the Ruins of St. Paul’s in Space and Time - Exhibition of Virtual Reality at the Ruins of St.Paul’s」(第1期)の開催期間が1ヶ月延長となり、参観予約枠も増えることが明らかとなった。

 同展はマカオの世界遺産で初めてとなる裸眼3D、VR、AR等の最新デジタル技術を活用したエキジビションで、約400年前の建造当時の様子を疑似体験できるもの。

 昨年12月30日にスタートし、当初は1月31日までの開催予定だったが、ICMでは好評のため2月28日まで延長を決めたとしている。

 見学にあたっては、ICMの特設サイトで事前予約必要となる。料金は無料。

エキジビション会場内イメージ(写真:ICM)

 聖ポール天主堂跡はかつての聖ポール大学の聖母教会の一部で、日本人キリシタンらが建設に携わったとする記録も残る。

 近年、ICMは世界遺産をリモート見学できるウェブサイトを立ち上げるなど、デジタル化を推進している。

エキジビション会場内イメージ(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース