マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

MCEのマニラPJ規模拡大、名称はCODマニラに

産業・経済2013/10/13 09:38

シティ・オブ・ドリームズ マカオ、アルティラ マカオなどを運営するマカオのカジノリゾート大手メルコ・クラウン・エンターテインメント社(MCE)は10月9日、フィリピンのマニラで建設をするめているカジノリゾートプロジェクトの名称をシティ・オブ・ドリームズ マニラに決定したと発表。開業予定時期は2014年の予定。

また、当初同リゾート内のカジノの規模はゲーミングテーブル数242台、電子ゲーミングテーブル及びスロット機1,450台を予定していたというが、フィリピンのゲーミング管理当局(PAGCOR)から開業時点でゲーミングテーブル365台、電子ゲーミングテーブル及びスロット機1,680台へ増加する認可を得たという。これにともない、建築予算は約6.2億米ドルから6.8億米ドルに積み上げられている。

また、シティ・オブ・ドリームズ マニラには客室数約260室クラウン・ホテルが入るという。

メルコ・クラウン・エンターテインメント社が運営するカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設、シティ・オブ・ドリームズ(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

メルコ・クラウン・エンターテインメント社が運営するカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設、シティ・オブ・ドリームズ(資料)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース