マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

旅客消費総額12%増―13年第3季

産業・経済2013/11/29 19:36

マカオ政府統計調査局は11月20日、2013年第3四半期の旅客消費調査結果を発表。同期の旅客消費総額(ゲーミング関連消費除く)は前年同期比12%増となる148億パタカ(日本円換算:約1899億円)だった。このうち宿泊を伴う旅客による消費が9%増の123億パタカ、日帰り旅客が28%増の25億パタカ。

旅客1人当たり平均消費額は1,905パタカ(同:約24,448円)で、前年同期比5%増。出身地別では中国本土からの旅客が2,321パタカ(同:29,787円)と最高で、そのうち個人旅行客に限ると2,582パタカ。なお、中国本土に次いで消費額が多いのはシンガポールからの旅客の1,908パタカ、日本は1,741パタカと3番目。長距離旅客ではオーストラリアからの旅客の消費が最も多く1,240パタカ。

消費の用途別内訳はショッピングが48%、宿泊が25%、飲食が20%だった。ショッピングの内容として、お土産用食品が24%、靴・バッグ・財布が18%。中国本土からの旅客のショッピング消費は1,285パタカ、個人旅行者に限ると1,613パタカ。長距離旅客については宿泊費、飲食代に占める割合が高かった。

宿泊を伴う旅客の平均消費額は前年同期比3%増3,179パタカ、日帰り客は同18%増の650パタカ。中国本土旅客のホテル宿泊及び日帰り旅客の消費額はそれぞれ3,915パタカ、800パタカ、個人旅行客では4,276パタカ、1,236パタカとなる。

また、旅客への満足度調査によると、マカオのホテル、旅行社について、それぞれ89%、88%が高評価、一方で公共交通機関と観光スポットについては、それぞれ10%、8%が要改善と評価したという。

マカオでは、中国本土旅客、中でも個人旅行客の旺盛な購買力がマーケットを牽引している。

観光客で賑わうマカオ歴史的市街地区のストリート(イメージ)=マカオ・大三巴街—本紙撮影

観光客で賑わうマカオ歴史的市街地区のストリート(イメージ)=マカオ・大三巴街—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース