マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

2014年度予算案通過、カジノ好調で歳入増

産業・経済2013/11/30 11:36

11月19日のマカオ立法会全体大会で、マカオ特別行政区政府の2014年度予算案が通過した。歳入は1,536億1,970万パタカ(日本円換算約1兆9,676億円)で、うち1,155億パタカ(同1兆4,796億円)をゲーミング特別税が占める。歳出は前年比6%減の776億パタカ(同9,941億円)。

政府経済財政司のフランシス・タム氏によると、歳入は前年から14%、188億1,172万パタカ増で、ゲーミング特別税が231億パタカ増えたという。

職業税、住宅税、所得補充税等の税収は53億448万パタカで、前年から7億6,744万パタカ増。間接税では資産譲渡に関する印紙税が同9億パタカ増の27億パタカ、車輌税が1億3,955万パタカ増の11億9,255万パタカ。この他、土地賃借料収入が9億2,503万パタカ増の21億7,653万パタカ、都市建設、観光及び社会保障充当による収入が10億4,386万パタカ増の66億1,648万パタカ、来年分譲分の公団住宅収入が9億4662万パタカがある。

2014年度歳出は2013年から6%、49億6,427万パタカ減の776億1,173万パタカ。

一般総合歳出予算800億7,105万パタカのうち、311億9218万パタカを現金給付、個人年金積立口座への注入、教育手当、教員・学生手当、住宅向け電気代補助、医療費補助計画等へ充てる。

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2023年1月24日発刊 (2月号 vol.116」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース