マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

MGMチャイナ14年第1季決算発表―過去最高

産業・経済2014/05/17 13:50

マカオでMGMマカオを運営するゲーミング大手のMGMチャイナ社が4月29日、2014年第1季決算を発表。売上高は前年同期比26%増の73億香港ドル(日本円換算:約956億円)、調整後EBITDA(ライセンス費支払前)は32%増の20億香港ドル(262億円)で、過去最高となった。

好業績の要因は利益率の高いマスゲーミング(平場)の伸びによるもので、EBITDA利益率を130ポイント上昇となる27.5%に押し上げた。

ゲーミングテーブル、スロット機業務ともに四半期として過去最高を記録。今年第1季のマスゲーミングテーブルの総テーブルウィンは前年比45%増、マカオマーケットの平均伸長率40%及びマカオ半島の31%を大きく上回った。スロット機別途金額は同12%増、収益は5%上昇。VIPローリングチップ数は12%増え、グロスウィンは22%上昇となった。

MGMマカオのホテル客室稼働率は98.5%となり、客室あたり平均収益は12%上昇の2,335香港ドル。

MGMチャイナの財務状況も安定しており、レバレッジ比率も1以下(過去12か月のEBITDAに基づく計算)。2014年3月31日時点でのグループが保有する現金及び銀行預金は43億香港ドルで、負債43億香港ドル、利用可能な信用枠は113億香港ドル。

同社のコタイ地区プロジェクトの進捗も順調。新リゾートは客室数1,600室、ゲーミングテーブル500台、スロットマシン2,500台を擁し、ノンゲーミング要素が総面積の85%を上回り、リテール及びエンタテインメント分野を拡大するという。

MGMコタイプロジェクト完成予想図 (c) MGM China Holdings Limited

MGMコタイプロジェクト完成予想図 (c) MGM China Holdings Limited

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース