マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオレジェンド14年第1季決算、売上8.1%増

産業・経済2014/05/17 14:07

マカオフィッシャーマンズワーフやランドマークマカオを傘下に持つレジャー大手のマカオレジェンド社(澳門勵駿)は4月29日、2014年第1季の決算を発表。売上は4.61億香港ドル(日本円換算:約60億円)で、昨年同期比8.1%増となった。

このうち、ゲーミング売上は6.3%増の3.28億香港ドル、ノンゲーミング売上が12.9%増の1.33億香港ドルだった。グループの調整後EBITDAは5.7%増の2.28億香港ドル。フィッシャーマンズワーフ及び未割当全社費用を除く調整後EBITDAは12.6%増の2.43億香港ドルで、ランドマークホテルによる安定的内部成長を表している。

ゲーミングテーブルによる売上は16%増の24.56億香港ドル。うち、ファラオズパレスカジノのマスゲーミング(平場)テーブルが3.7%増の4.53億香港ドル、VIPテーブルが19.5%増の19.35億香港ドル、バビロンカジノのマスゲーミングテーブルが12.7%増の6,840万香港ドル。各テーブルの1日平均ネットウィンについては、ファラオズカジノのマスゲーミングテーブルが7.4%増の8.7万香港ドル、VIPテーブルが10.8%増の30.7万香港ドル。

同社のデービット・チャオCEOによると、マカオランドマークホテルは客室のリノベーションを今年1月に終え、第1季の稼働率は93%を記録したという。また、今年8月にもフィッシャーマンズワーフ内にプラハ・ハーバービュー・ホテルの開業を予定しているとした。

フィッシャーマンズ内に建設中のプラハ・ハーバービュー・ホテル(資料)―本紙撮影

フィッシャーマンズ内に建設中のプラハ・ハーバービュー・ホテル(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース