マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

サンズチャイナ14年第1季決算絶好調

産業・経済2014/05/18 15:09

ヴェネチアンマカオ、サンズマカオなどを運営するゲーミング大手のサンズチャイナリミテッドは5月5日、2014年の第1季決算を発表。売上、調整後EBITDA、利益の主要3項目で過去最高を更新。上場親会社の株主に帰属する利益(純利)は65.8%の急上昇となる7.51億米ドル(日本円換算:約762億円)。

2014年第1季の売上は前年同期比34.8%増の27.6億米ドル(約2,802億円)。調整後EBITDAは49.7%増の9.37億米ドル(約951億円)。純利は65.8%増の7.51億米ドル(約762億円)。3つの主要指標で過去最高を更新した。

ヴェネチアンマカオについては、入場者数と財務面についてマーケットをリードする存在となっている。調整後プロパティEBITDAは34.9%増の4.7億米ドル(約477億円)で過去最高。ノンローリングチップドロップは80.7%増の24.1億米ドル(約2,447億円)、ノンローリングチップウィン比率は26.1%。ローリングチップ金額は31.2%増の153.2億米ドル(約1兆5,553億円)。スロット機売上総額は21.9%増の14.5億米ドル(約1,472億円)。ショッピングモール売上は26.4%増の3,830万米ドル(約39億円)。

サンズコタイセントラルの売上は8.21億米ドル、調整後EBITDAは2.64億米ドル、EBITDA利益率は32.2%。入場者数も増加傾向にあり、第1季は約480万人に達した。ローリングチップ金額は13.8%増の155.1億米ドル、ノンローリングチップドロップは73.9%増の18億ドルで過去最高、ノンローリングチップウィン比率は22.9%。スロット機売上総額は48.3%増の18.2億米ドル。

プラザカジノの調整後EBITDAは1.13億米ドル。ノンローリングチップドロップは218%増の3.52億米ドル、スロット機売上総額は57.2%増の2.89億米ドル。

サンズマカオの調整後EBITDAは5.2%減の9,110万米ドル。ノンローリングチップドロップは43.1%増の10.9億米ドル、スロット機売上総額は13.7%増の8.32億米ドル。ローリングチップ金額は53.8億米ドル。

ラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長(資料)=2012年マカオにて撮影―本紙撮影

ラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長(資料)=2012年マカオにて撮影―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース