マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

SJM、14年第1季純利1.9%減

産業・経済2014/05/18 16:37

グランドリスボアなどを運営するゲーミング大手のSJMホールディングスは5月12日、2014年第1季決算を発表。ゲーミング売上は前年同期比4.9%増の227.89億香港ドル(日本円換算:約2,984億円)、調整後EBITDAは2.9%増の21.90億香港ドル(約287億円)。調整後EBITDA比率は前年同期の9.7%から9.5%に後退。

上場親会社の株主に帰属する利益(純利)は1.9%減の18.78億香港ドル(約246億円)。減少は1.06億香港ドルの株式報酬を反映しており、この費用を除いた場合、上場親会社の株主に帰属する利益は3.6%の増加となる。

SJMグループのゲーミング売上のマカオ市場における占有率は前年同期の26.2%から23.0%へ下落している。

同社のVIPゲーミング売上は145.11億香港ドル(約1,900億円)で、前年同期から4.1%減。一方、マスゲーミング(平場)は27.8%増の79.48億香港ドル(約1,041億円)。スロット機(トンボラ含む)売上は12.6%減の3.30億香港ドル(約43億円)。第1季の総売上は229.62億香港ドル(約3,007億円)で、うちレストラン及び関連サービス売上が1.7億パタカ(前年同期1.58億香港ドル)を占めた。

なお、第1季のゲーミング売上のうち10.04億パタカがマスゲーミングのハイリミットテーブルによるもので、賭け金の大きさからVIPゲーミングとして捉えることもで、そうした場合、VIPゲーミング売上は2.7%増、マスゲーミング売上は10%増となる。

SJMグループが経営する第1季のVIPゲーミングテーブル数は582台(前年同期653台)、マスゲーミングテーブル1,195台(同1,118台)、スロット機2,971台(同3,531台)。(※第1季毎月末の台数の平均)

VIPローリングチップ販売総額は5,372億香港ドル(約7兆345億円)で、前年の4,592億香港ドルを大きく上回った。VIPゲーミングウィン比率(コミッション及び割日控除前)は2.7%で、前年同期の3.08%を下回る。

グランドリスボアホテルの客室稼働率は95.8%、平均客室単価は1晩あたり2,385香港ドルで、それぞれ前年同期の93.9%、2,236香港ドルを上回った。グループの財務状況は安定しており、14年3月31日現在の手持ちキャッシュは296.16億香港ドル、負債は14.47億香港ドル。

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

SJMグループの旗艦施設グランドリスボアとホテルリスボア(資料写真)=マカオ—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年7月23日発刊 (8月号 vol.098」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース