マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ギャラクシーエンタG、第1季33%増収

産業・経済2014/05/24 13:39

ギャラクシーマカオやスターワールドホテルなどを傘下に持つゲーミング大手のギャラクシーエンタテインメントグループは5月20日、今年(2014年)第1季決算を発表。売上は33%増で過去最高となる202億香港ドル、調整後EBITDAは38%増の38億香港ドル。

3月31日までの直近12カ月の調整後EBITDAは30%増の136億香港ドル。旗艦施設ギャラクシーマカオ、スターワールドホテルの調整後EBITDAがそれぞれ44%、26%増だったことを受けたもの。

主にVIPカジノ及びマスゲーミング(平場)の好調がグループの利益増長につながった。今年第1季のマネジメント基準計算によるゲーミング総売上は33%増の202億香港ドルに達し、このうちマスゲーミング売上が37%増の51億香港ドル、VIPPカジノが32%増の146億香港ドルだった。

同社が建設を進める旗艦施設ギャラクシーマカオの第2期プロジェクトについては予定通り2015年上半期落成予定、第3、4期についても最速で今年末に着工を予定しているという。また、先に買収を行ったグランドワルドホテルについてもリノベーション工事を経て2015年初頭に再オープンさせる見通し。この他、横琴新区の2.7平方キロの敷地についてのコンセプト作りも進めているという。

建設が進むギャラクシーマカオ第2期プロジェクトの完成予想図 (c) Galaxy Entertainment Group

建設が進むギャラクシーマカオ第2期プロジェクトの完成予想図 (c) Galaxy Entertainment Group

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース