マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

今季、渡り鳥の飛来数増える

その他2012/11/29 10:50

マカオ政府環境保護局は27日、今年10月から11月中旬までにコタイ生態保護区に飛来した渡り鳥、クロツラヘラサギが昨年を上回る55羽となったことを発表。

クロツラヘラサギは朝鮮半島北部や中国東北部で繁殖し、越冬のためマカオ周辺に飛来する渡り鳥。コタイ生態保護区はコタイ地区のロータスブリッジ周辺にあり、多種多様な動植物が生息するなど、貴重な自然が保存されている場所。現在、4か所の観鳥台があり、無料で見学できる。

マカオに飛来したクロツラヘラサギ(11月17日撮影) (c) DSPA 環境保護局

マカオに飛来したクロツラヘラサギ(11月17日撮影) (c) DSPA 環境保護局

4箇所ある観鳥台。今年、屋根も整備された (c) DSPA 環境保護局

4箇所ある観鳥台。今年、屋根も整備された (c) DSPA 環境保護局

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース