マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

新禁煙法の検挙者2万人超―12年1月〜14年6月

社会・政治2014/07/10 18:51

マカオ政府衛生局は7月9日、新禁煙法が施行された2012年1月1日から今年(2014年)6月30日までの間の規制区域における喫煙者の検挙状況を発表した。取締官の巡回場所は563,498箇所、1日平均618箇所で、累計検挙者数は20,534人となった。

今年(2014年)1月1日から6月30日までの巡回場所は148,343箇所、1日平均819箇所で、検挙数は4,207件、うち4,194件が規制区域での喫煙、6件がたばこ製品を客が直接手に取ることができるやり方で販売、7件が基準に合わないパッケージのタバコを販売したもの。規制場所での喫煙事案のうち、男性が全体の92.9%を占める3,896人、女性が同7.1%の298名、また、64.4%にあたる2,701人がマカオ居民、32.2%にあたる1,349人が域外からの観光客、3.4%にあたる144人が非マカオ籍労働者。検挙数が最も多かったのがネットカフェで、19.8%にあたる834件、ゲームセンターが17.9%にあたる751件、公園・フラワーガーデン・休憩所が12.1%にあたる511件。また、総検挙数のうち塔石地区が約32.4%を占め最も多かった。さらに、102件が警察部門の協力を必要とした。罰金の納付状況では、全体の80.2%にあたる3,376人が納付済み。

カジノ内分煙の状況については、衛生局と博彩監察協調局が共同で227箇所のカジノを巡回し、198件の違法喫煙者を検挙した。うち男性が94.9%を占める188名、女性が5.1%の10名、また、域外からの観光客が78.8%の156名、マカオ居民は21.2%の42名だった。

市民からの電話による通報も相次いでいるという。衛生局では、違法な喫煙をしないよう、あらためて市民や観光客へ呼びかけている。域外からの観光客が違法喫煙で検挙され、罰金を納付しないまま出境した場合、次回入境時に影響が及ぶことから、当局では出境前、期日前の納付を呼びかけている。

衛生局取締官による巡回の様子(写真:衛生局)

衛生局取締官による巡回の様子(写真:衛生局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 3月26日発刊 (4月号 vol.070」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース