マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

14年第2季カジノ売上、第1季比11%減

カジノ2014/07/18 08:54

マカオ政府博彩監察協調局は7月17日、今年(2014年)第2季のカジノ売上が第1季比11%元となる909億パタカ(日本円換算:約1兆1,524億円)だったと発表。このうち、VIPバカラが16%減となった。上半期トータルのカジノ売上は1,930億パタカ(約2兆4,468億円)となり、昨年同時期と比較して12.6%増。

中国本土経済の減速、VIPクラブの資金流動性の不足、6月中旬以降のW杯などの複合要因により、VIPクラブの売上がマイナス成長となったことが、第2季のカジノ売上に影響を及ぼしたとみられる。

第2季のVIPバカラによる売上は546.6億パタカ(約6,930億円)で、第1季の650.6億パタカ(約8,248億円)と比較して約16%の下落。マスゲーミング売上は同2.4%減の362.4億パタカ(約4,594億円)だった。

また、第2季のゲーミングテーブル数は同10台増の5,710台、スロット機は337台減の12,895台だった。

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年3月23日発刊 (4月号 vol.094」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース