マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

バカラが全体の91%占めるー14年第2季ゲーミング売上

カジノ2014/07/20 12:03

マカオ政府博彩監察協調局が7月18日に発表した今年(2014年)第2季のグロスゲーミングレベニュー912億パタカ(日本円換算:約1兆1,576億円)のうち、VIPバカラが546億パタカ(約6,930億円)、マスゲーミング(平場)バカラが281億パタカ(約3,567億円)の合計827億パタカ(約1兆497億円)となり、バカラによる売上が約91%を占めることがわかった。

グロスゲーミング売上912億パタカはカジノ売上に加え、競馬、ドッグレース、サッカーくじなどの合計。このうち、カジノ売上が909億パタカ(約1兆1,538億円)で全体の99.7%の圧倒的多数を占める。ちなみに、競馬の売上は8,800万パタカ(約11億1,695万円)、ドッグレースは3,400万パタカ(約4億3,155万円)、サッカーくじは2億300万パタカ(約25億7,660万円)。

バカラのゲーミングテーブル(写真はイメージ)―本紙撮影

バカラのゲーミングテーブル(写真はイメージ)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース