マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ウィンマカオ、14年第2季純売上高3.2%増

産業・経済2014/07/30 09:55

ウィンマカオの親会社にあたるウィンリゾーツ社は米国ラスベガス時間7月29日、今年(2014年)第2四半期決算を発表。ウィンリゾーツ社の純売上高は前年同期比約6.0%増となる14.121億米ドル(日本円換算:約1,441億円)。増加の要因としてラスベガス部門の純売上高が12.5%増、マカオ部門が同3.2%増だったことを挙げた。

ウィンマカオの第2季純売上高は前年同期比3.2%増の9.606億米ドル(約981億円)、調整後プロパティEBITDAは5.8%増の3.070億米ドル(約313億円)。一方、上場親会社の株主に帰属する純利益は13.6%減となる1.96億米ドル(約200億円)だった。

VIPゲーミングテーブルのローリングチップ売上は11.7%減の264億米ドル(約2兆6,949億円)。VIPゲーミングテーブルウィンに占めるローリングチップ率(コミッション控除前)は2.93%で、2.7〜3%とした予測の範囲内かつ前年同期の2.94%と同水準だった。

マスゲーミングテーブルウィンは43.3%増の3.110億米ドル(約317億円)、テーブル1台あたりの1日平均テーブルウィンは53%増となる17,852米ドル(約182万円)。マスゲーミングフロアにおけるベッティング額は8.9%増の6.823億米ドル(約696億円)。同社によると、マスゲーミングフロアのゲーミングチップはゲーミングテーブルあるいはチップ交換所で購入するが、チップ交換所で購入したチップはテーブルのベッティング額に含まれないという。上記2つの指標で差が出ていることについては、チップ交換所でゲーミングチップを購入する顧客が増えたことを意味する。

スロットマシンのベッティング額は24.4%増の15億米ドル(約1,531億円)、スロットマシンウィンは14.1%増。スロットマシン1台あたりの1日平均ウィンは59.1%増の1,163米ドル(約12万円)。

ウィンマカオの平均客室単価は6.4%増の334米ドル(約3.41万円)、客室稼働率は2.9ポイント増の98.4%、客室平均売上は9.7%増の329米ドル(約3.36万円)といずれも好調。ノンゲーミング売上は0.7%の微増となる1.006億米ドル(約103億円)だった。

コタイ地区で建設を進める新リゾート「ウィンパレス」については、2016年上半期の開業予定としている。今年第2季のコタイプロジェクトに対する投資額は2.497億米ドル(約255億円)で、累計では11億米ドル(約1,123億円)。

ウィンマカオ(資料)=マカオ・新口岸—本紙撮影

ウィンマカオ(資料)=マカオ・新口岸—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 9月25日発刊 (10月号 vol.076」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース