マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオでデング熱感染症例―中国珠海で罹患か

珠江デルタ2014/08/13 08:32

マカオ政府衛生局は8月12日、マカオでデング熱感染症例が1件見つかったことを明らかにし、市民に対して予防措置を講じるよう呼びかけている。デング熱は蚊を媒介にしてデングウイルスの感染により起こる急性の熱性感染症で、発熱、頭痛、筋肉痛、皮膚の発疹などが主な症状。

患者はマカオ半島の沙欄仔地区に住む49歳の女性で、8月2日に発熱し、全身筋肉痛、眼痛などの症状が見られたという。その後、8日午前になって四股に赤い発疹が現れたことから、近くにある総合病院の鏡湖医院を訪れて診察を受けた。その後、12日になって衛生局付属の研究所(公共衛生化驗所)が行った検査でデング熱ウイルスの陽性反応が出たことがわかった。患者が7月24日に中国・広東省珠海市拱北の市場へ数時間買い物をしていたこと、発症までの潜伏期間、検査結果などから、衛生局では輸入性のデング熱症例であると判断した。なお、患者は9日には熱が下がり、快方に向かっており、家族にも類似症状は見られないという。

日本の厚生労働省のデング熱関連情報ウェブサイトによると、日本国内で感染した症例は、過去60年以上報告されていない。ただし、海外の流行地で感染して帰国した症例が近年では毎年200名前後報告されているという。マカオに近い中国・広東省や東南アジアも流行地として知られる。

マカオ衛生局では、デング熱予防のため、自宅やオフィス周辺で蚊の発生源となる水たまりの除去、流行地の東南アジアや広東省を訪れる際は単色の長袖シャツを着用すること、宿泊する場合は空調付きまたは蚊帳などのある施設を選び、外出時は虫除けスプレー等を使用するよう市民に呼びかけている。また、デング熱と疑われる症状が出た場合、すぐに医師の診断を受ける必要があるとし、マカオの医療機関では無料のデング熱診断を行っている。

デング熱予防を呼びかける衛生局の特設ウェブサイト

デング熱予防を呼びかける衛生局の特設ウェブサイト

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース