マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオで市民や観光客と笑顔で交流―全日本女子火の鳥JAPAN

澳日関係2014/08/15 19:57

「FIVBワールドグランプリ2014プレゼンテッド・バイ・ギャラクシーエンタテインメントグループ」(8月15〜17日)に出場するためマカオを訪れているバレーボール全日本女子「火の鳥JAPAN」の選手らが8月14日、マカオ政府体育発展局が主催する市民、観光客との交流イベントに参加した。

火の鳥JAPAN一行は同大会に出場する中国、セルビアチームとともに世界遺産聖ポール天主堂前での記念撮影、セナド広場の特設会場で行われたイベントに参加。沿道や会場周辺には数多くの市民や観光客が詰めかけ、笑顔で交流を楽しんだ。ロンドン五輪で銅メダルを獲得した強豪チームとあり、マカオでも全日本の知名度、人気ともにたいへん高い。また、今回の大会では地元中国との対戦(17日)にも大きな注目が集まっている。

なお、今回の大会には韓国チームも出場するが、14日の交流イベントには参加しなかった。

聖ポール天主堂跡前で記念撮影を行う「火の鳥JAPAN」(写真:MSDB)

聖ポール天主堂跡前で記念撮影を行う「火の鳥JAPAN」(写真:MSDB)

 

イベントに参加する木村沙織選手(写真:MSDB)

イベントに参加する木村沙織選手(写真:MSDB)

 

大会組織委員会に記念サインボールを手渡す木村沙織選手(写真:MSDB)

大会組織委員会に記念サインボールを手渡す木村沙織選手(写真:MSDB)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース