マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

架空の融資話でゲーミングチップを詐取—マカオ

社会・政治2014/09/10 09:35

中国・黒龍江省からカジノ目的でマカオを訪れていた男性が、13万香港ドル分(日本円換算:約178万円)のゲーミングチップを担保に同郷の男の紹介でチップ仲介業とされる男から40万香港ドル(約548万円)のチップを借り受けた際、マカオでは流通しないチップをつかまされる詐欺事件が発生。

9月9日付地元有力紙「澳門日報」が報じた。詐欺の被害に遭ったのは黒龍江省出身の28歳の男性。男性は8月30日にカジノ目的で同郷の知人らとマカオを訪れ、30万香港ドル(約411万円)の元手でカジノゲームに興じていた。手元のチップ残高が13万香港ドルになった際、同行していた36歳の同郷の男がゲーミングチップ仲介業者と知り合いだと声を掛け、手元の13万香港ドルのチップを担保に27万ドルのチップを借り受けてチップを合計40万ドルとし、より勝てるチャンスを増やせるとの話を被害者に持ち掛けた。

これを「いい話」と感じた被害者は同郷の男が手配したホテルの一室に赴き、2名と面会。同郷の男から13万香港ドルのチップを手渡すよう促されたという。その後、関係者からチップを受け取ってきたとして額面10万香港ドルと書かれたチップ4枚、計40万香港ドル分をVIPカジノで使えるものだとして被害者に手渡した。現場を離れた後、被害者は見たことがないデザインのチップだったことからカジノで鑑定をした結果、マカオで流通していないチップであることが判明。騙されたことに気づき、マカオ司法警察局に通報して助けを求めた。

司法警察局は9月8日、この同郷の男をチップ仲介業者の共犯として巨額詐欺容疑で逮捕したと発表、現在、13万ドルのチップを詐取してマカオで流通しないチップを手渡した2名の男らの行方を追っているとのこと。

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース