マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

15年マカオのカジノ売上8-11%減、1日平均123-128億円=米リサーチ会社JLウォーレンキャピタル予測

産業・経済2014/12/09 17:21

米国ニューヨークに拠点を置く中国株及び中国経済専門のリサーチ会社JLウォーレンキャピタルが2015年マカオのカジノ売上が前年比8〜11%減との予測を発表した。マカオの英字月間経済誌「マカオビジネス」が12月9日付電子版で報じた。

JLウォーレンキャピタルの予測によると、2015年のマカオのカジノ売上は1日あたり平均で8.2億〜8.5億パタカ(日本円換算:約123〜128億円)程度になると予測している。中国本土の長期休暇シーズンとなる旧正月のある2月は40%、国慶節のある10月は20%のそれぞれ上乗せがあるだろうとした。

なお、今年(2014年)12月の1日平均については、8.1億パタカ(約122億円)と予想している。月次にすると251.1億パタカ(約3770億円)となり、前年実績の334.6億パタカ(約5020億円)から25%の大幅な下落となる。

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

カジノチップとバカラのゲーミングテーブルのイメージ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年11月25日発刊 (12月号 vol.078」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース