マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノで成功のマカオ、日本からの視察増える=天皇誕生日レセプションで野田総領事

澳日関係2014/12/11 08:48

在香港日本国総領事館は12月10日、マカオのカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設ギャラクシーマカオ内にあるホテルオークラマカオで天皇誕生日レセプションを開催。野田仁総領事、マカオ政府行政法務庁の陳麗敏(フロリンダ・チャン)長官、マカオ在留邦人ら約100名が出席した。

野田仁総領事は挨拶の中で、今年12月20日にポルトガルから中国への返還15周年を迎えるマカオについて、目覚ましい経済発展を遂げ、カジノ産業の成功例はIRの導入を検討する日本にとっても参考になると述べた。日本の自治体関係者などのマカオ視察も増えるなど、これまで違ったビジネスツーリズムが拡大している現状を紹介。

また、マカオ市民に対するメッセージとして、ぜひ日本、特に東日本大震災からの復興途上にある東北の被災地を訪問していただきたいと語った。

陳麗敏長官は、中国中央政府のサポートの下、マカオは国際協力プラットフォームとしての地位を強化するとし、マカオ経済の持続的発展には近隣諸国、地域との多元的な経済協力が重要であると述べた。

マカオは在香港日本国総領事館の管轄地となっており、同館は香港、マカオのそれぞれで天皇誕生日レセプションを開催している。

なお、10日のレセプションの様子はマカオ最大の発行部数を誇る有力日刊紙「澳門日報」、政府系放送局「TDM」ニュースなどでも取り上げられ、いずれも好意的な報道内容だった。

ホテルオークラマカオで開催された天皇誕生日レセプション。野田仁駐香港日本国総領事(右)、マカオ行政法務庁陳麗敏長官(左)=12月10日、マカオ(写真:GCS)

ホテルオークラマカオで開催された天皇誕生日レセプション。野田仁駐香港日本国総領事(右)、マカオ行政法務庁陳麗敏長官(左)=12月10日、マカオ(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年11月24日発刊 (12月号 vol.090」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース