マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの1月カジノ売上17.4%減の3500億円=8ヶ月連続前年割れ

産業・経済2015/02/02 16:11

マカオ政府博彩監察協調局は2月2日、今年(2015年)1月の月間カジノ売上が前年同月比17.4%減となる237.48億パタカ(日本円換算:約3498億円)だったことを発表。昨年(2014年)6月以降、8ヶ月連続の前年割れとなる。

金額ベースでは前月実績の232.85億パタカ(約3430億円)から2.0%増となり、2ヶ月ぶりに上昇に転じた。

ここ8ヶ月のカジノ売上の下落の要因として、中国本土富裕層を顧客ターゲットとするVIPカジノ部門の不振が指摘されている。マカオでは、今年5月から大型IR(統合型リゾート)施設カジノのオープンラッシュが始まる予定で、ゲーミングテーブルの絶対数が増えることなどから、下半期以降にカジノ売上の回復が見込まれている。

なお、昨年のマカオの通年カジノ売上は前年比2.6%減の3515.21億パタカ(約5兆1778億円)、競馬やドッグレースなどのカジノ以外のギャンブルの売上は6.8%増の11.93億パタカ(約176億円)で、総合ゲーミング売上は2.6%減の3527.14億パタカ(約5兆1937億円)となっている。

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース