マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオVIPカジノ仲介大手の友権グループHD、1月ローリングチップ総収入37%減

カジノ2015/02/09 07:28

マカオのVIPカジノ仲介大手の友権(ヤオクン)グループホールディングスの発表によると、今年(2015年)1月の同社のローリングチップ総収入は64.8億パタカ(日本円換算:約967億円)で、前年同月比37%の大幅減となったという。

マカオの月刊英字経済誌「マカオビジネス」が2月5日付電子版で報じた。なお、同月の運営側の売上に相当するローリングチップ勝率は3.76%だった。

同社によると、1月のVIPギャンブラーの動向として、バカラテーブルにおける掛け金の額が低くなっている上、まったくマカオに姿を見せなくなった者もいるとのこと。

マカオの月次カジノ売上が昨年(2014年)6月から今年1月まで8ヶ月連続で前年割れとなっている。マカオのカジノ売上の大半を稼ぎ出すのがVIPカジノだが、中国本土の反汚職キャンペーンやマカオ当局によるカジノ周辺の規制強化などを理由に、主要顧客基盤である中国本土富裕層のマカオ渡航意欲が減退しているとされる。

友権グループホールディングスは香港証券取引所への上場を目指しており、1月に2度目の申請を行った。マカオの日刊紙「澳門日報」が1月15日付紙面で報じた内容によると、友権グループホールディングスはマカオで5ヶ所のVIPルームを運営しており、マカオのVIPゲーミング市場におけるシェアは2013年時点で2.1%という。

カジノ施設が建ち並ぶマカオ半島新口岸エリアの町並み(資料)—本紙撮影

カジノ施設が建ち並ぶマカオ半島新口岸エリアの町並み(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース