マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの1月カジノ税収3割減、1260億円=歳入の8割占める

産業・経済2015/02/16 12:15

マカオ政府財政局は2月16日、今年(2015年)1月の公共財政収支を発表。歳入は前年同期比27.5%減の105.00億パタカ(日本円換算:約1560億円)、このうちカジノ税収は29.7%減の84.85億パタカ(約1260億円)となった。歳入に占めるカジノ税収の割合はおよそ8割。

歳出は16.8%増21.89億パタカ(約320億円)。同月の財政収支は34.1%減の83.1億パタカ(約1230億円)。

マカオのカジノ売上は昨年(2014年)6月から今年1月まで8か月連続で前年割れとなっており、税収にも影響が及んでいる。今年1月のカジノ売上は17.4%減の237.48億パタカ(日本円換算:約3520億円)だった。ここ8ヶ月のカジノ売上の下落の要因として、中国本土の反汚職キャンペーンの拡大などを受け、中国本土富裕層を顧客ターゲットとするVIPカジノ部門の不振が指摘されている。

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース