マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノ大手ギャラクシー、純利3%増=14年通期、逆風下でプラスを確保

産業・経済2015/03/19 18:50

マカオのカジノ運営ライセンス保有6社の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(銀河娯樂集團)は3月19日、昨年(2014年)第4四半期及び通期の業績発表を行った。

昨年、マカオ全体のカジノ売上は3%減となり、今世紀初のマイナスを記録。逆風下でカジノ各社の業績に注目が集まる中、ギャラクシーエンターテイメントグループの昨年通期の売上高は前年比9%増の718億香港ドル(日本円換算:約1兆1158億円)、調整後EBITDAは5%増の132億香港ドル(約2051億円)、純利益は3%増の103億香港ドル(約1601億円)となるなど、主要指標でいずれもプラスを確保した。なお、第4四半期の調整後EBITDAは25%減の27億香港ドル(約420億円)にとどまった。

同社によると、マカオ・コタイ地区に位置する旗艦施設「ギャラクシーマカオ」の通期売上高が18%増の469億香港ドル(約7289億円)、調整後EBITDAが12%増の99億香港ドル(約1539億円)となり、業績の底上げに貢献したという。同施設の第4四半期の調整後EBITDAは19%減の20億香港ドル(約311億円)で、全社の下落幅を下回った。

ギャラクシーエンターテイメントグループの2014年代4四半期及び通期業績発表会。写真中央が同社の呂志和会長=3月19日、JWマリオットホテル香港—本紙撮影

ギャラクシーエンターテイメントグループの2014年代4四半期及び通期業績発表会。写真中央が同社の呂志和会長=3月19日、JWマリオットホテル香港—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース