マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府、月次カジノ売上見通しを3千億円に下方修正=前年の3分の2

産業・経済2015/03/25 12:56

マカオのカジノ売上が昨年(2014年)6月から今年2月まで9ヶ月連続で前年割れとなっている。マカオ政府は今年1月に発表した2015年度予算案の中で、月次カジノ売上目標を昨年の300億パタカ(日本円換算:約4493億円)から275億パタカ(約4119億円)へ引き下げていたが、さらに200億パタカ(約2996億円)まで下方修正するという。

マカオの日刊紙「澳門日報」が3月24日付紙面に掲載したマカオ大学ゲーミング研究所所長のデービス・フォン博士へのインタビュー取材によると、政府による月次カジノ売上見通しの下方修正について、年初予想よりも15-20%の売上減が顕著になっているためで、特に書き入れ時となる旧正月連休シーズンの落ち込みが響いたと指摘する。また、カジノ経済の低迷に伴い、今年第1四半期のGDP(域内総生産)は20-25%の下落という衝撃的な数字が出ると予想されることから、市民に対して心の準備が必要と訴えた。

一方、カジノ売上減の主要因はVIPカジノ売上の不振にあるとし、VIPクラブ、仲介業、贅沢品の小売、高級レストラン、高級住宅といった分野は打撃を受けるが、一般客を対象としたカジノの平場(マスゲーミングフロア)やリテール業については逆に若干のプラスとなっており、市民の就業などに及ぶ影響はないだろうと語っている。

フォン博士によると、直近の統計でマカオのVIPカジノ売上の下落幅が60%以上にも達しているが、2010-11年の2年間でマカオのカジノ売上は平均40-50%の急成長を遂げ、VIPカジノに限ると60%増だったこともあるという例を挙げ、カジノは大きな浮沈が付き物の産業だという。

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース