マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの企業別カジノ売上シェア、SJMホールディングスが首位返り咲き=3月

カジノ2015/04/05 10:53

マカオ政府博彩監察協調局が4月1日に公表した資料によると、今年(2015年)3月のマカオの月次カジノ売上は前年同期比39.4%減の214.87億パタカ(日本円換算:3233億円)だった。目下、マカオにはカジノ経営権(サブライセンス方式含む)を持つ企業が6社あるが、SJMホールディングスの売上が全体の23.2%を占め、シェアトップに立ったという。

マカオの日刊英字経済紙「マカオビジネスデイリー」が4月3日付紙面で独自集計による結果として伝えた。同月のシェア2位は、前月首位だったヴェネチアンマカオなどを運営するサンズチャイナの21.4%で、3位以下はギャラクシー・エンターテイメントグループ社の20.1%、メルコ・クラウン・エンターテイメント社の13.9%、ウィンマカオ社の11.2%、MGMチャイナ社の10.2%と続く。上位3社と下位3社はいずれも僅差となっている。

なお、SJMホールディングスのアンブロース・ソーCEOは3月末、VIPカジノ市場の低迷に伴う自社施設内におけるゲーミング(カジノ)テーブル配置の見直しを行い、堅調なマスにより多くのテーブルを振り分けたと語っており、この施策が売上シェア拡大に奏功したものとみられる。

SJMホールディングスは、グランドリスボアなどの大型カジノ施設のほか、中小規模のホテル内に多くの衛星カジノを展開している。2002年にマカオのカジノライセンスが対外開放されて以降、2014年まで13年連続で年間首位の座をキープしている。もともと約40年に渡ってマカオのカジノ経営権を独占していた企業で、「マカオのカジノ王」と呼ばれるスタンレー・ホー氏(93)が会長を務める。

マカオ半島中心部に建つSJMホールディングスの旗艦カジノ施設「グランドリスボア」(資料)—本紙撮影

マカオ半島中心部に建つSJMホールディングスの旗艦カジノ施設「グランドリスボア」(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース