マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの4月カジノ売上見通し36%減3000億円=シティバンク予測

カジノ2015/04/09 20:37

マカオのカジノ売上が昨年(2014年)6月から今年3月まで10ヶ月連続で前年割れとなっている中、大手金融機関のシティバンクとUBSが相次いで4月のカジノ売上予測を公表した。

マカオの政府系放送局TDMが4月9日午後のラジオニュースで報じた。シティバンクでは、マカオの4月カジノ売上見通しを前年同月比36%減となる200億パタカ(日本円換算:約3006億円)と予測。同行がマーケット情報などをベースに推計した月初7日間のカジノ売上はおよそ41億パタカ(約616億円)で、1日平均売上で3月実績を下回った。特に、直近1週間のカジノVIPルーム売上が弱含みという。

UBSでも、月初7日間の1日平均カジノ売上が過去2ヶ月の実績を下回ったとした。同行では、4月第1週末の清明節連休の結果による変動要素もあることから、月次売上を32〜37%減の196〜214億パタカ(約2944〜3214億円)と予測。また、第1四半期の累計についてはおよそ37%減としたが、第2四半期以降下落幅は縮小する見通しとしている。

カジノ売上低迷の長期化を受け、マカオ立法会は4月1日、今年度の月間カジノ売上目標額を前年の300億パタカから200億パタカへ大幅下方修正する修正予算案を可決している。

【資料】マカオの2015年月次カジノ売上(カッコ内は前年同月比)
・1月:237.48億パタカ=約3568億円(17.4%減)
・2月:195.42億パタカ=約2936億円(48.6%減)
・3月:214.87億パタカ=約3228億円(39.4%減)
>1〜3月累計:647.77億パタカ=約9731億円(36.6%減)
※データ出典:澳門博彩監察協調局

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

マカオのカジノ(資料)—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年8月24日発刊 (9月号 vol.087」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース