マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

その他

海南航空、食用廃油使った新型バイオ航空燃料で商業飛行に成功=中国初

2015/03/22 10:19

海南航空B737-800型機による中国初のバイオ航空燃料を使った商業飛行が成功=3月21日、北京(写真:中国石化)
3月21日午前、新型バイオ航空燃料を搭載し、乗客156名と乗員8名を乗せて上海から飛び立った海南航空のB737-800型機が無事に北京へ到着した。バイオ燃料を使った商業飛行としては中国初の出来事となる。

>> 続きを読む

インドの不動産市場、香港マカオ含む中国勢締め出し=取得・転売を禁止

2015/03/12 20:22

中国国旗とマカオ特別行政区旗(写真はイメージ)―本紙撮影
インドの中央銀行にあたるインド準備銀行(The Reserve Bank of India)が香港及びマカオ籍の者によるインドの不動産取得、転売を禁止したことを明らかにしたという。

>> 続きを読む

沖縄旅行中の香港女性が牛タン食べ窒息、危篤状態続く=無保険で高額医療費負担も

2015/03/12 09:53

香港と沖縄(那覇)を結ぶ直行便(イメージ)=香港国際空港—本紙撮影
旧正月連休中、中華圏から多くの観光客が日本を訪れたことは記憶に新しい。その中の1人、香港から友人とともに個人旅行で沖縄を訪れていた女性玩具バイヤーの陳愛玲さん(37)だが、食事を喉に詰まらせ窒息、救急搬送中に一時心臓停止となり、現在も危篤状態が続いているという。

>> 続きを読む

海外へ移民した中国人富豪、10年間で7.6万人=世界一、人気は豪州

2015/03/09 10:16

中国・上海(資料)—本紙撮影
中国人の富豪による海外への移民がブームとなっている。国際不動産コンサルティング会社のナイトフランクが発表した最新データで、2003年から2013年までの10年間、海外に移民した富豪の数が最も多かったのが、中国、次いでインド、フランスだったことが分かった。なお、世界の富豪の間で最も人気の高かった移民先は英国だったが、中国人富豪の中では豪州がトップとなった。

>> 続きを読む

覚せい剤ではなく結晶状の豆腐の材料だった=ロシア当局、モスクワ空港で拘束の中国人を釈放

2015/03/08 11:39

中国・北京(資料写真)—本紙撮影
ロシア・モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港で3月6日、入国時の税関検査の際に手荷物からメタンフェタミン(冰毒、覚せい剤の一種)と呼ばれる合成麻薬が見つかったとして34人の中国人ツアー客が麻薬密輸容疑でロシア当局に拘留される事件があった。拘束からおよそ30時間後の7日(現地時間6日夜)になって、全員釈放されたという。

>> 続きを読む

モスクワ空港で中国人ツアー客34人拘留、覚せい剤密輸容疑=出発前にツアコンが小包持たせる

2015/03/07 23:29

中国・北京(資料写真)—本紙撮影
ロシア・モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港で3月6日、入国時の税関検査の際に手荷物からメタンフェタミン(冰毒、覚せい剤の一種)と呼ばれる合成麻薬が見つかったとして34人の中国人ツアー客が麻薬密輸容疑でロシア当局に拘留されたという。

>> 続きを読む

中国の「捨て子」年間10万人=赤ちゃんポスト開設も一部で運営限界

2015/03/05 19:27

中国・北京(資料写真)—本紙撮影
中国国家衛生・計画出産委員会科学秘術研究所の所長を務める馬旭氏によると、近年、中国では「棄嬰(=捨て子)」が大きな社会問題になっているという。最新統計で今年の中国本土における遺棄嬰児数が10万人を超えたことが明らかになったとのこと。1980年代には5000人程度だったことから、およそ20年で20倍にまで急増したことになる。

>> 続きを読む

タイの寺院が建設中の新トイレ、中国人旅客NGの方針=利用マナー憂慮

2015/03/01 12:43

タイ(写真はイメージ)—本紙撮影
タイのチェンマイにある仏教寺院ワットロンクンが新たに建設中の新トイレについて、中国人旅客の利用を禁止する方針であることが明らかになった。

>> 続きを読む

中国、1人あたり収入ランク「東高西低」顕著=最高は上海の91万円

2015/02/28 09:12

中国・上海(資料)—本紙撮影
中国本土に31ある省級行政区(22省・5自治区・4直轄市)の1人あたり収入ランキングが発表された。トップは東部沿岸の上海市で4万7710元(日本円換算:約91万円)、最下位は西部内陸の甘肅省で2万804元(約40万)となり、格差は2倍以上だった。

>> 続きを読む

モンゴル、カジノ合法化へ前向き=鉱業生産依存型経済脱却狙い

2015/02/19 10:36

三菱商事と千代田化工建設のJVが建設工事を受注した新ウランバートル国際空港の完成予想イメージ(写真:三菱商事)
モンゴル政府が近く大型カジノ開設に関する法案の国会審議を行う考えであることが明らかになった。カジノを核に海外からの旅客を呼び込むことで経済活性化を図り、鉱業生産依存型経済からの脱却を目指す狙いという。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース