マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

産業・経済

ギャラクシー、グランドワルドを買収—32億香港ドル

2013/05/10 17:24

着工済みのギャラクシーマカオ第2期プロジェクト (c) Galaxy Entertainment Group
ギャラクシーエンタテインメント社とゲットナイスホールディングス社は5日、ゲットナイスホールディングス社が保有するコタイ地区の中型ホテル「グランドワルド」を32.5億香港ドル(日本円換算:約417億円)でギャラクシーエンタテインメント社の子会社へ売却したと発表。

>> 続きを読む

中国版GW期間中のホテル予約は好結果

2013/05/10 15:56

2012年から2013年初頭にかけ相次いで開業したサンズコタイセントラル内のホテル―本誌撮影
4月29日から5月1日にかけての今年の中国版ゴールデンウィーク期間について、ホテル客室が前年同期と比較して大幅増となったことを受けて関係者の間で不安の声が広がっていたが、実際には好結果だったことがわかった。

>> 続きを読む

マカオ国際空港好調、陸空接続サービス導入検討

2013/05/10 15:19

大型IR(統合型リゾート)集積エリアにあたるコタイ地区に隣接して建つマカオ国際空港(資料)―本紙撮影
マカオ国際空港を運営するCAM社は3日、今年4月の航空旅客数及び航空機発着回数がそれぞれ前年比14%増の40万人超、同19%増の3,900回だったことを発表。台湾及び東南アジアからの旅客が増え、台湾線は1%、東南アジア路線は25%の旅客増となった。なお、中国本土方面はH7N9鳥インフルエンザの影響で下落に転じた。

>> 続きを読む

6年連続の現金配布実施、7月2日からスタート

2013/05/10 08:42

マカオ特別行政区政府立法会は3日、「2013年度現金配布計画」行政法規草案討論を終え、今年7月2日から順次現金配布を開始することが決まった。金額は永久性居民が1人当たり8,000パタカ(日本円換算約10万円)、非永久性居民が4,800パタカ(同6万円)で、対象者はそれぞれ約57万人と約6万8千人。計画に伴う財政支出は約48億8500万パタカとなる見通し。

>> 続きを読む

新規設立企業増も登録資本金減―13年第1四半期企業統計

2013/05/09 06:27

商業登記證明―本紙撮影
マカオ特別行政区政府統計調査局は7日、2013年第1四半期の企業統計を発表。新規設立企業数は988社で前年から107社の増だったものの、登録資本金総額は1.5億パタカで前年比22.4%減。中でもホールセール及び小売業の登録資本金は5,178万パタカと同16.2%減。

>> 続きを読む

3月の通貨供給量、小幅な上昇継続

2013/05/09 06:13

1パタカ硬貨(マカオ政府金融管理局ホームページより)
マカオ政府金融管理局は6日、今年(2013年)3月の広義通貨供給量(廣義貨幣供應量)が小幅ながら継続して上昇を維持。融資総額の増加、預金総額が下落している状況の中、総体銀行預貸率についても前月と比較して上昇している旨を発表した。

>> 続きを読む

パリジャン開業時期2015年後半

2013/05/03 06:49

「パリジャン」位置図。ベース地図 (c) 地圖繪製暨地籍局
サンズチャイナは2日、今年(2013年)第1四半期業績発表の中で、同社のマカオで5番目となるリゾート開発プロジェクト「マカオパリジャン(澳門巴黎人)」について、2015年後半の開業を目標にしていることを明かした。

>> 続きを読む

4月のカジノ売上238億パタカ、13%増

2013/05/03 06:38

急速に発展するカジノ産業(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオ政府博彩監察協調局は2日、今年(2013年)4月のカジノ(ゲーミング)売上が前年同月比13.2%増となる283.05億パタカ(日本円換算:約2,796億円)だったことを発表。単月過去最高売上313億パタカを記録した前月からは金額ベースで約1割下落しているが、今年1-4月の累計は1,135.89億パタカ(同:1兆3,807億円)となり、前年同期比14.4%増。

>> 続きを読む

輸出入ともに伸びる―3月対外商品貿易統計

2013/04/30 17:47

コンシューマーグッズの大半を輸入に頼る(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオ政府統計調査局は30日、今年(2013)年3月の対外商品輸出入統計を発表。輸出は前年比7%増の7.6億パタカ、輸入は同5%増の62.1億パタカとなった。2月の貿易赤字は54.5億パタカ。

>> 続きを読む

中国版GW始まる—本土経済回復で小売業好調

2013/04/30 07:54

中国本土からの観光客で賑わう土産物店が並ぶストリート=マカオ・大三巴街(イメージ)—本紙撮影
労働節連休(中国版ゴールデンウィーク)が昨日から始まった。マカオ市内やショップも多くの人出で賑わっているという。あるリテール業者によると、H7N9鳥インフルエンザや四川省で発生した地震によるマカオ渡航意欲への影響はなく、客数は通常の週末と比較して約3割増、昨年のゴールデンウィークと同水準になっているとのこと。また、中国本土の経済が昨年から回復基調にあることから、今年の観光関連業のゴールデンウィークの売上については、昨年よりも好調に推移するのではないかと見られる。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース