マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

産業・経済

最低時給30パタカに―ビル清掃及び警備職

2014/06/13 09:58

マカオ政府は労働環境の改善を進める(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオ政府行政会は6月12日、ビル管理業における清掃及び警備職の最低賃金について、時給30パタカ(日本円換算:約383円)、日給240パタカ(約3,067円)、月給6,240パタカ(約79,731円)とする法案がまとまったことを発表。現在、マカオでは約1万8千人が同職種に就いている。

>> 続きを読む

ウェスティンマカオがグランドコロアネビーチリゾートに名称変更

2014/06/12 17:17

リゾート外観―本紙撮影
澳門海島旅遊有限公司(以下、S.T.D.I.社)は6月11日、2014年6月22日よりウェスティンリゾートマカオの名称をグランドコロアネビーチリゾート(Grand Coloane Beach Resort)へ変更すると発表した。

>> 続きを読む

英マークス&スペンサー、今夏マカオ進出

2014/06/11 11:20

サンズコタイセントラル―本紙撮影
英国を本拠に香港や中国本土を含む世界各地で百貨店を展開するマークス&スペンサーは6月10日、今夏にもマカオ初となる店舗をサンズコタイセントラルのショッピングモール「ショップスコタイセントラル」内に開設することを明らかにした。

>> 続きを読む

新時代社、1.9億パタカで公共バス事業継承

2014/06/11 09:45

政府交通事務局による新時代社への公共バス事業移管に関する記者会見(写真:交通事務局)
マカオ政府交通事務局は6月10日に記者会見を開き、昨年破産した維澳蓮運(以下、レオリアン社)の公共バスサービスの澳門新時代公共汽車股份有限公司(以下、新時代社)への継承について具体的説明を実施。同日、政府と正式に契約を締結し、契約期間は今年7月1日から3年間。契約期間については、レオリアン社の契約残存期間より短縮されたことになる。

>> 続きを読む

新時代社がレオリアンの公共バス事業を継承

2014/06/09 19:54

レオリアンバス(写真はイメージ)—本紙撮影
マカオ政府交通事務局は6月9日、昨年10月に公共バス運営会社の維澳蓮運(以下、レオリアン社)が破産したことに伴い政府管理下で事業継続している同社の公共バスサービスについて、澳門新時代公共汽車股份有限公司(以下、新時代社)を受け皿企業に決定し、7月1日から事業を継承することを発表。

>> 続きを読む

4Gネットワーク導入時期、早くて2015年末以降か

2014/06/08 13:23

マカオの携帯電話サービス(写真はイメージ)—本紙撮影
マカオのモバイルネットワークについて、速度、費用、安定性ともに近隣地区と比較して遅れていると言わざるを得ない。香港では2年前から4Gサービスがスタートしている中、マカオでは未だ全く具現化のメドが立っていない状況だ。政府は今年(2014年)にも4Gサービス免許に関する具体案の取りまとめを目指すとしているが、すでに半年が経過した現在も進捗は見られない。

>> 続きを読む

5月マカオ国際空港旅客輸送量16%増

2014/06/07 11:39

大型IR(統合型リゾート)集積エリアにあたるコタイ地区に隣接して建つマカオ国際空港(資料)―本紙撮影
マカオ国際空港を運営する澳門国際機場專營公司は6月6日、今年(2014年)5月の旅客輸送量がのべ43万人、発着フライト回数が2.1万回となり、前年同月比それぞれ16%、6%増だったことを発表。また、同月より新サービス「直通快線(エクスプレス・リンク)」サービスを導入した。

>> 続きを読む

5月カジノ売上9.3%増、市場予測下回る

2014/06/04 12:45

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本紙撮影
マカオ政府博彩監察協調局は6月3日、2014年5月の月間カジノ売上が前年同月比9.3%、前月比3.3%のそれぞれ増となる323.54億パタカ(日本円換算:約4,164億円)だったと発表。

>> 続きを読む

通貨供給量、預貸率ともに上昇—14年4月

2014/06/04 12:01

1パタカ硬貨(マカオ政府金融管理局ホームページより)
マカオ政府金融管理局は6月4日、今年(2014年)4月の広義通貨供給量(廣義貨幣供應量)について、上昇に転じたとする最新統計を発表。融資総額の伸びが預金総額を上回ったことから、総体銀行預貸率も上昇。

>> 続きを読む

ホテル客室稼働率と単価、本土経済の影響なし

2014/06/02 08:04

2012年から2013年初頭にかけ相次いで開業したサンズコタイセントラル内のホテル―本誌撮影
今年(2014年)に入って中国経済の成長スピードが減速し、人民元の価値も約3%目減りしている状況の中、中国本土からマカオを訪れる旅客の平均消費も減少となった。しかしながら、ホテル価格については影響が見られず、客室稼働率、単価ともに安定して上昇している。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース