マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

観光

マカオ国際空港で3Dトリックアート展開催=9月まで

2017/07/12 09:40

マカオ国際空港のトリックアート展(写真:CAM)
マカオ国際空港の運営会社にあたるCAMは7月11日、夏休みムードを盛り上げるため、旅客ターミナルビルの出発階(非制限エリア)各所で3Dトリックアートの展示を行うと発表した。

>> 続きを読む

ユネスコ委、マカオの世界遺産保護状況に高い関心…埋め立て及び都市計画資料など要求

2017/07/09 11:18

ポーランドのクラクフで開催中の第41回世界遺産委員会(写真:ICM)
大航海時代以来、東洋と西洋を結ぶ貿易港として栄えたマカオ。東西文化が見事に融合したエキゾチックな町並みが残るマカオ半島中心部の旧市街(歴史市街地区)にはユネスコ世界文化遺産リストに登録された建築物と広場が30ヵ所存在する。

>> 続きを読む

マカオのパンダ、メスのシンシンが10歳の誕生日迎える=双子ベビーと一緒にお祝い

2017/07/07 17:44

10歳の誕生日を双子の赤ちゃんと一緒に迎えたシンシン(中央)=2017年7月5日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)
マカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンでは、1組のつがい(オス:カイカイ、メス:シンシン)と昨年(2016年)6月26日に誕生した双子の4頭のジャイアントパンダが飼育されている。

>> 続きを読む

マカオ・松山ロープウェイが約2週間ぶり運転再開…営業距離「世界最短」

2017/07/06 14:52

マカオ・松山ロープウェイ(写真:IACM)
実はマカオには鉄道がない。現在、東京・ゆりかもめ型の新交通システム「マカオLRT」の建設工事が進められている。なお、広義の意味での鉄道としては、鋼索線の「松山ロープウェイ(漢字表記:松山纜車)」が存在する。

>> 続きを読む

マカオ・二龍頭公園の超高齢ツキノワグマがコロアン島へ引っ越しへ=トンネル工事の影響で

2017/06/27 11:36

世界遺産・ギア灯台があるギアの丘(松山)の麓にある二龍頭公園で飼育・展示されているツキノワグマのBOBOが年内にもコロアン島・石排灣郊野公園に移される見通しだ。

>> 続きを読む

マカオグランプリ博物館とワイン博物館が6月末で閉館…新施設で再開予定

2017/06/23 18:40

マカオグランプリ博物館(資料)-本紙撮影
マカオ政府旅遊局は6月23日、マカオ半島新口岸地区のツーリズムアクティビティセンター内にあるマカオグランプリ博物館とワイン博物館について、今月(2017年6月)いっぱいで閉館することを正式発表した。

>> 続きを読む

営業距離「世界最短」マカオ・松山ロープウェイが一時運休…落雷による故障原因

2017/06/22 10:02

広義の鉄道として唯一マカオで営業運転を行う鋼索線「松山纜車(ロープウェイ)」―本紙撮影
実はマカオには鉄道がない。現在、東京・ゆりかもめ型の新交通システム「マカオLRT」の建設工事が進められている。なお、広義の意味での鉄道としては、鋼索線の「松山ロープウェイ(漢字表記:松山纜車)」が存在する。

>> 続きを読む

マカオの双子の赤ちゃんパンダ、一般公開時間拡大=休館日除く毎日午後の2時間に

2017/06/20 12:54

マカオの双子の赤ちゃんパンダ、兄の健健(右)と弟の康康(左)=2017年2月-本紙撮影
マカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで昨年(2016年)6月26日に誕生した双子のオスの赤ちゃんパンダの健健と康康について、1歳の誕生日を迎えるのを機に、一般公開時間が拡大されることが決まった。

>> 続きを読む

マカオの世界遺産「ギア灯台」と「港務局ビル」期間限定で内部一般公開…7月

2017/06/18 16:31

マカオの世界遺産「ギア要塞(ギア灯台及びギア教会)」(資料)-本紙撮影
大航海時代以来、東洋と西洋を結ぶ貿易港として栄えたマカオ。東西文化がミックスしたエキゾチックな町並みが残るマカオ半島の歴史市街地区には、ユネスコ世界文化遺産リストに登録されている建物と広場が30ヵ所存在する。

>> 続きを読む

第2回マカオ国際映画祭開催概要発表…今年12月開催=国際知名度向上と観光振興に期待

2017/06/17 15:15

第2回マカオ国際映画祭キックオフ記者会見=2017年6月16日、マカオタワー(写真:IFFAM実行委員会)
第2回マカオ国際映画祭・アワード(IFFAM)が今年(2017年)12月8日から14日までの6日間にわたって開催されるという。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース