マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

社会・政治

新規公営住宅購入申請、第4季から受付か

2013/01/16 09:28

マカオ政府が住宅問題の解決に向け推進している1万9千戸の公営マンション建設計画「萬九」について、今後新たに建設する同規模の「後萬九」の新規購入受付を今年第4季にも開始する見通しであることが分かった。

>> 続きを読む

マカオ大横琴新校舎建設費膨張問題に監査

2013/01/15 09:41

マカオ大学新キャンパス(手前)、蓮花大橋(中央)、コタイ地区(奥) (c) 澳門大學
2013年9月の開校を目指して建設工事が進められているマカオ大学横琴新キャンパスの建設費用について、2010年4月に設定された当初予算58億パタカ(約580億円)が2011年11月に98億パタカ(約980億円)、さらに2012年12月に102億パタカ(約1,020億円)へと大幅膨張している。

>> 続きを読む

政府、公共放送局番組編成への関与否定

2013/01/14 19:46

「澳門論壇」番組タイトル(TDM公式ホームページより)
マカオの公共放送局TDM(澳廣視)のレギュラー番組で時事問題を取り扱う「澳門論壇」の番組制作が近く一時打ち切りとなることについて、一部で政府の関与が取りざたされていた問題に関し、マカオ政府報道官事務所は15日、全くの噂でしかないとの声明を発表。

>> 続きを読む

屋台狙う強盗相次ぐ―セナド広場周辺

2013/01/09 10:09

セナド広場周辺の商業区(写真はイメージ)―本紙撮影
昨年12月末から今月初頭にかけ、セナド広場周辺で屋台を狙った強盗が相次いで発生しているという。昼夜問わず犯行が繰り返されており、現在も犯人逮捕には至っていない。

>> 続きを読む

免税範囲超えるタバコ持込検挙92%増

2013/01/07 10:55

税関当局が取り締まりを強化している(写真はイメージ) (c) 澳門海關
マカオでは2012年4月から1人あたりが1日に免税で持ち込み可能なタバコの最大数量が200本(1カートン)から100本(5パック)へと変更になった。条件変更後の4月から12月までの8カ月に税関が検挙したタバコ本数は67万6千本で、2011年の通年と比較して92%の大幅増だったという。

>> 続きを読む

高速フェリー、シートベルト着用義務化検討

2013/01/07 07:42

事故を起こしたジェットフォイルと同型の船内(参考)―本紙撮影
昨年12月29日に発生し、負傷者26名を出した高速フェリーとブイの衝突事故について、マカオ政府港務局がシートベルト着用義務化を含む改善策を検討していることが分かった。

>> 続きを読む

違法白タク暗躍―「快速通関」裏技活かす

2013/01/06 09:30

中国本土からマカオを訪れる旅客の大半が利用する出入境施設、關閘ボーダーゲート―本紙撮影
マカオを訪れる観光客の増加に伴い、各イミグレーションにおける出入境手続きの行列待ち時間の長さにストレスを感じる旅客も多い。中でも、關閘・拱北ルートは主に中国大陸からの旅客利用者が多く、待ち時間が長いことで知られるが、待ち時間の少ない「快速通関」を謳う無免許の白タク業者(白牌車)による違法越境営業行為が常態化しているという。

>> 続きを読む

詐欺と盗難に要注意―警察

2013/01/05 08:57

市民向け防犯講座を開催 (c) PSP 治安警察局
近年、マカオでは街頭詐欺や住宅・オフィスの空き巣被害が多発しており、警察当局は昨年12月から旧正月前にかけて、市民の防犯意識向上のための啓蒙活動に力を注いでいる。

>> 続きを読む

「陽光法」立法会通過―幹部公務員財産開示義務

2013/01/04 10:59

マカオ政府本部ビル(政府總部)―本紙撮影
行政長官及び幹部公務員等の財産及び非財産上の利益の一部の情報開示を義務化する、いわゆる「陽光法(財產及利益申報法律制度)」について、4日、立法会で採決が行われ、全会一致で通過した。一部議員からは透明度が十分ではないとの声もあるが、クリーンな政治の実現に向け一歩前進したとの評価を得た。

>> 続きを読む

澳氹第4ルート、海底トンネル方式に

2012/12/31 12:59

澳氹第4ルート海底トンネル断面イメージ (c) GDI 建設發展辦公室
現在、3本の橋で結ばれているマカオ半島とタイパ島の跨海ルートに、4番目の新ルート「澳氹第四條跨海通道(澳氹第四通道)」を建設する計画について、マカオ政府建設発展オフィスの専門家委員会が27日、海底トンネル案の採用を正式決定した。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年1月24日発刊 (2月号 vol.104」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース