マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

マカオカジノIR運営大手サンズチャイナが16年Q3決算短信発表=カジノ売上復調で増収

2016/11/09 09:58

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2016年5月ー本紙撮影
米国、マカオ、シンガポールでカジノIR(統合型リゾート)を運営する米ラスベガスサンズグループ(LVS)傘下でマカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、サンズチャイナ社は11月8日、今年第3四半期(7〜9月期)の決算短信を発表。

>> 続きを読む

セガサミークリエイションのカジノマシン、マカオの大型IRスタジオ・シティで稼働開始=ヴェネチアンマカオに次いで2店舗目

2016/11/08 18:12

「シックボー・ボーナス・ジャックポット」筐体イメージ (c) SEGA SAMMY CREATION INC.
セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは11月8日、同社製電子カジノマシン第1号機「SICBO BONUS JACKPOT」がマカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)スタジオ・シティで10月20日から稼動を開始したと発表した。

>> 続きを読む

マカオカジノ大手SJMが16年Q3決算短信発表=カジノ売上11%減も8割増益

2016/11/03 07:35

マカオ半島中心部に建つSJMホールディングスの旗艦カジノ施設「グランドリスボア」(資料)—本紙撮影
マカオのカジノライセンスを保有する6陣営の一角、SJMホールディングスは11月1日、今年(2016年)第3四半期(7〜9月)の決算短信をを発表。

>> 続きを読む

マカオの月次カジノ売上が3ヶ月連続プラスに=10月8.8%増の218.15億パタカ(約2863億円)…大型IR開幕効果

2016/11/01 13:20

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
マカオ政府博彩監察協調局は11月1日、今年(2016年)10月のマカオの月次カジノ売上について、前年同月比8.8%、前月比18.6%のそれぞれ増となる218.15億パタカ(日本円換算:約2863億円)だったとする最新統計を公表した。200億パタカの大台突破は今年初。

>> 続きを読む

マカオカジノIR運営大手GEGが16年Q3決算短信発表=増収…カジノは平場のプラスでVIPルームの落ち込みをカバー

2016/10/27 06:29

GEGの旗艦施設、ギャラクシーマカオの俯瞰(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影
マカオのカジノ運営ライセンスを保有する6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(銀河娯樂集團、以下GEG)は10月26日、今年(2016年)上期(7〜9月)の決算短信を発表。

>> 続きを読む

マカオのカジノ売上、四半期ベースでも前年比プラスに転じる=第3四半期ギャンブル統計

2016/10/19 10:44

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
マカオ政府のギャンブル監理部門にあたるDICJは10月17日、今年第3四半期(2016年7〜9月期)のギャンブル統計を公表。カジノ売上は第2四半期から6.6%増、前年同期比1.2%増の550.05億パタカ(日本円換算:約7148億円)だった。

>> 続きを読む

マカオ、1〜9月累計カジノ税収10.5%減の583.98億パタカ(約7611億円)=売上回復でマイナス幅縮小

2016/10/17 17:13

マカオ政府財政局は10月14日付で今年(2016年)1〜9月期の財政収支を公表。歳入の大半を占めるゲーミング税収(カジノ及びその他ギャンブル運営企業からの直接税)が前年同期と比較して約1割の落ち込みとなり、財政黒字も約3割の縮小となったが、いずれも年度予算に対する進捗率は目標をクリアする水準で推移している。

>> 続きを読む

マカオのカジノ売上復調続く見通し=10月対前年5%増の210億パタカ(約2746億円)…シティ予測

2016/10/13 10:19

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
マカオは世界一のカジノ売上を誇る都市として知られるが、月次カジノ売上は一昨年6月から今年7月まで26ヶ月連続で前年割れとなり、ようやく今年8月にプラスに転じた。その後、9月もプラスを維持しており、復調が続くかどうかに注目が集まっている。

>> 続きを読む

国際カジノIR運営大手LVSのアデルソン会長、全米長者番付14位に=ラスベガス、マカオ、シンガポールで大型施設展開

2016/10/12 12:53

シェルドン・アデルソン氏(資料)=2016年9月、マカオにて本紙撮影
このほど米国の経済誌「フォーブス」が最新版の全米長者番付(フォーブス400)を発表した。

>> 続きを読む

マカオの伝統ギャンブル「トンボラ」が姿消す可能性=11月から一時営業中止

2016/10/10 15:22

マカオの市街中心部にあるトンボラ場の入口(資料)-本紙撮影
マカオ経済の屋台骨として知られるのがゲーミング(ギャンブル)産業だ。豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実は競馬、グレイハウンド犬を使ったドッグレース、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府と経営権契約を結ぶ民間事業者によって運営されている。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース