マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

珠江デルタ

2012年の海路経由出入境2,300万人

2013/02/20 10:51

マカオフェリーターミナル(外港碼頭)写真はイメージ―本紙撮影
マカオ政府港務局の黃穗文局長によると、昨年(2012年)の海路経由のマカオ出入境者数がのべ2,369万人にも上り、マカオフェリーターミナル(外港)利用者が大半を占めたという。

>> 続きを読む

鴨涌河周辺の整地は港珠澳大橋工事の一環

2013/02/20 10:34

マカオ半島北部と珠海市拱北の境界にある鴨涌河周辺が突如整地され、マカオ・珠海間新ボーダー建設の準備かと地元紙が報じていた問題に対し、政府建設発展オフィス(建設發展辦公室)は19日夜、新ボーダーとは無関係で、港珠澳大橋の珠海連絡ルート建設工事のための臨時用地だとの声明を発表。

>> 続きを読む

珠海経由マカオ往来本土旅客100万人―春節連休

2013/02/16 11:32

横琴イミグレーション―本紙撮影
中国本土の春節大型連休期間中、累計100万人の中国本土旅客が珠海市のイミグレーションを経由してマカオへ往来したという。昨年同期と比較して3割増となり、横琴、湾仔イミグレーションでは単日通関旅客数で過去最高を記録した。

>> 続きを読む

マカオと香港の観光客受入能力比較

2013/02/14 11:36

観光客受入能力データ比較(マカオ・香港)
13日付の本紙WEBニュースでも伝えた通り、春節3日以降多くの中国本土からの観光客がマカオへ押し寄せている状況。春節4日目となる13日も21時時点で各イミグレーションの利用者は37万人を超えた。

>> 続きを読む

春節7連休の拱北・關閘ルート利用者200万人予想

2013/02/07 09:29

拱北イミグレーション―本紙撮影
温暖な好天が続いていることや広珠都市間鉄道全線開業の影響もあり、巳年春節(旧正月)「ゴールデンウィーク」に中国本土から多数の観光客がマカオを訪れるとされる。珠海出入境事務所では、マカオへの主要出入口となる拱北イミグレーションの7連休中の利用者数を約200万人と見込む。

>> 続きを読む

広珠都市間鉄道、マカオへ延伸乗り入れを計画

2013/01/27 12:21

広東省から香港への鉄道乗り入れは古くから実現している―本紙撮影
広東省発改委の李春洪主任は26日、第12回広東省人代後の記者会見で広珠都市間鉄道(広珠城際鐡路)のマカオ域内への延伸乗り入れ計画があることを明かした。

>> 続きを読む

新拱北出入境ビル竣工、1日50万人通行可

2013/01/27 11:19

拱北イミグレーション―本紙撮影
広東省珠海市の何寧卡市長は26日、第12回広東省広東省人代で2010年に着工した新拱北出入境ビルが竣工し、数か月以内に運用を開始できる見込みと語った。

>> 続きを読む

経済規模中国首位、所得倍増計画も―広東省

2013/01/26 13:21

珠江デルタ (c) 地圖繪製暨地籍局
26日、第12回広東省人大一次会議が開幕する。広東省の朱小丹省長はレポートの中で、今後5年の同省の経済社会発展における主要目標として域内GDPの年平均成長率を8%前後、1人当たりGDPを同7%前後、都市部と農村部の住民の平均収入を同8%成長させることを挙げた。

>> 続きを読む

広珠都市間鉄道、速達タイプ運行で20分短縮へ

2013/01/23 11:00

昨年(2012年)大晦日に広州南駅と珠海駅の間で全線開通を果たした広珠都市間鉄道(廣珠城際鐵路)が早ければ今月中にも速達タイプの列車を運行する予定であることがわかった。停車駅は途中停車駅は3駅のみで、現行の各駅停車タイプに比べ約20分短縮できるという。

>> 続きを読む

全線開業後20日、広珠都市間鉄道利用伸びず

2013/01/20 17:07

拱北イミグレーション―本紙撮影
広珠都市間鉄道(廣珠城際鐡路)が全線開通して19日で20日目を迎えた。統計によると、珠海駅の出発、到着客数は1日あたり平均2万人。鉄道開通後、珠海からマカオへ通じる拱北イミグレーションの利用者数に顕著な増加はないというが、ピーク時にあたる春節には増加が見込まれている。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年6月24日発刊 (7月号 vol.085」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース