マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

観光

マカオの世界遺産・聖オーガスチン教会、一般公開再開時期未定=今年5月の天井崩落受け修復中

2016/08/14 09:11

天井崩落事故翌日の現場を視察に訪れたICMの呉衛鳴局長=5月30日、聖オーガスチン教会(写真:ICM)
今年(2016年)5月29日、マカオ旧市街エリアにある世界遺産・聖オーガスチン教会で天井の一部(約5メートル四方)が崩落する事故が発生。これを受け、同教会では一般公開中止が続いている。

>> 続きを読む

ブロードウェイマカオに「愛の南京錠」コーナー登場=名所化に期待

2016/08/11 12:06

ブロードウェイマカオの「愛の南京錠」コーナー(写真:Broadway Macau)
このほど、マカオ・コタイ地区のIR(統合型リゾート)ブロードウェイマカオの一角に「愛の南京錠」コーナーがオープンした。

>> 続きを読む

マカオ政府が公衆トイレの環境改善進める=観光都市としてのイメージアップ狙う

2016/08/07 17:37

市街地中心部にあるジョルジュ・アルヴァレス公園に新設された公衆トイレ(写真:IACM)
マカオは面積約30平方キロ、人口約65万人という小さな街だが、海外(中国本土、香港、台湾を含む)からマカオを訪れる旅客数は年間3千万人(延べ、以下同)を上回り、アジア有数の観光都市として知られる。

>> 続きを読む

マカオ、パンダの双子が生後満1ヶ月迎える

2016/07/26 20:35

生後1ヶ月を迎え、地元の保育園児に披露された双子のパンダ=7月26日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)
先月(6月)26日にマカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい(オス:カイカイ=7歳、メス:シンシン=9歳)に双子のオスの赤ちゃんが誕生してから満1ヶ月が経過した。

>> 続きを読む

マカオ、世界最短のロープウェイで救助訓練実施=営業距離186メートル

2016/07/26 10:22

実はマカオには鉄道がない。現在、東京・ゆりかもめ型の新交通システム「マカオLRT」の建設工事が進められている。なお、広義の意味での鉄道としては、鋼索線の「松山ロープウェイ(漢字表記:松山纜車)」が存在する。

>> 続きを読む

マカオの世界遺産・聖ポール天主堂の除草作業が前倒しで完了=足場撤去のため一時クローズ

2016/07/19 12:10

除草作業のため全壁背面部に設置された足場(写真:ICM)
マカオのシンボル的存在として有名なユネスコ世界文化遺産リストに登録されている歴史的建造物、聖ポール天主堂跡の前壁背面部で実施されていた除草作業が当初予定より約1週間前倒しで終了したことがマカオ政府文化局(ICM)より発表された。

>> 続きを読む

マカオGP博物館、2年かけ大規模リノベーション実施へ=ワイン博物館はコロアン島へ移転

2016/07/14 10:49

旧マカオグランプリ博物館の展示イメージ(資料)-本紙撮影
1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(以下、マカオGP)。1983年からフォーミュラ3(F3)グランプリが設けられ、アイルトン・セナ、ミヒャエル・シューマッハ、佐藤琢磨らが優勝を経てF1にステップアップするなど、若手レーシングドライバーの登竜門的存在として注目を集める。

>> 続きを読む

マカオ国際花火コンテストに日本代表チームが5年ぶり出場へ

2016/07/10 11:03

第28回マカオ国際花火コンテスト開催概要説明会の様子=7月7日、マカオフォーラム(写真:MGTO)
マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月7日、毎年秋の恒例イベントとなるマカオ国際花火コンテストについて、今年(2016年)の第28回大会を9月3、10、15、24日及び10月1日にマカオタワー正面海上で実施すると発表した。

>> 続きを読む

マカオ、パンダの双子が誕生1週間迎える=体重増え順調に成長

2016/07/04 08:20

ジャイアントパンダの双子。左が「大寶」、右が「小寶」(写真:IACM)
先月(6月)26日にマカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい(オス:カイカイ=7歳、メス:シンシン=8歳)に双子の赤ちゃん(性別未発表)が誕生してから満1週間が経過した。

>> 続きを読む

マカオで誕生したジャイアントパンダの双子、一般公開は半年後メド

2016/06/27 20:01

マカオで誕生したパンダの双子の「大孖」=6月26日、マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)
6月26日夜、マカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい(オス:カイカイ=7歳、メス:シンシン=8歳)に双子の赤ちゃん(性別未発表)が誕生した。マカオでのジャイアントパンダの2世誕生は今回が初めて。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年9月24日発刊 (10月号 vol.100」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース