マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

セガサミークリエイションがマカオの大型国際カジノ見本市「MGSエンターテイメントショー2019」出展…セガIPのスロット機やバカラゲーム機など展示予定

2019/10/31 20:24

セガサミークリエイションが「MGSエンターテイメントショー2019」に出展を予定しているマシン ©SEGA SAMMY CREATION INC.※画像には開発中の製品が含まれ、実際の仕様と異なる場合がある
 セガサミーグループのセガサミークリエイションは10月31日、11月12日から14日にかけてマカオの大型IR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールで開催される大型国際ゲーミング(カジノ)見本市「MGSエンターテイメントショー2019」に出展すると発表。ブース番号は「AR35」。

>> 続きを読む

大型IRギャラクシー・マカオに国際展示場とアリーナ新設…2021年上半期オープン予定

2019/10/24 09:22

ギャラクシー・インターナショナル・コンベンションセンター(GICC)の外観イメージ(写真:Galaxy Entertainment Group)
 マカオのカジノ施設は、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ6つの民間事業者によって運営されている。その一角にあたるギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は10月23日、コタイ地区にある旗艦IR(統合型リゾート)ギャラクシー・マカオに国際展示場とアリーナを新設することを正式発表。オープン時期は2021年上半期とした。

>> 続きを読む

「マカオ居民ギャンブル活動参加調査研究2019」結果公表…ギャンブル活動参加率と依存症有病率が過去最低に=10年に及ぶレスポンシブルゲーミングの取り組み奏功

2019/10/19 11:08

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 マカオは中国の特別行政区にあたり、人口約67万人、面積は東京の山手線の内側の半分に相当する32平方キロという小さな地域だが、およそ40軒ものカジノ施設が建ち並び、年間カジノ売上は世界最大規模を誇る。また、競馬やスポーツベッティングといった各種ギャンブルも存在する。昨年(2018年)通期のカジノ売上は約4.1兆円に上り、世界最大のカジノ都市として知られる。

>> 続きを読む

マカオの19年1〜9月累計カジノ税収 対前年0.3%増の約1兆1587億円…歳入の85.5%占める=年度進捗率は87.2%

2019/10/17 10:18

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2018年2月ー本紙撮影
 マカオ政府財政局が10月16日付で公表した最新の財政収支データによれば、今年(2019年)1〜9月累計の歳入は前年の同じ時期から0.3%増の1001億9248.1万マカオパタカ(日本円換算:約1兆3552億円)で、年度(1〜12月)予算執行率は85.4%だった。

>> 続きを読む

マカオ、カジノ売上に占めるVIPルーム比率の過半数割れ続く…19年第3四半期は約44%=平場は大きく伸長

2019/10/17 08:45

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

>> 続きを読む

マカオ、カジノ従業員の業務外時間カジノ入場禁止を盛り込んだ改正法の説明会開催…12月27日施行、5万人超が対象

2019/10/15 11:38

マカオカジノ監理当局が開催したカジノ従業員の業務外時間カジノ入場禁止を盛り込んだ改正法の説明会(写真:DICJ)
 カジノフロアへの入場とカジノ内業務及びゲーミング条件を規定する法律が改正され、最大のポイントとなる「カジノ従業員の業務外(余暇)時間におけるカジノフロア入場禁止」について、今年(2019年)12月27日に施行となる。

>> 続きを読む

マカオの大型国際カジノ見本市「MGSエンターテイメントショー2019」開催概要発表…7年連続7回目

2019/10/02 09:29

MGSエンターテイメントショー会場イメージ(資料)=2018年11月、ヴェネチアンマカオ-本紙撮影
 このほど、マカオで毎年秋に開催される大型国際カジノ見本市「MGSエンターテイメントショー2019」の開催概要記者会見が開催された。

>> 続きを読む

マカオ、19年9月のカジノ売上0.6%増の約2951億円…3ヶ月ぶり対前年プラスに=1〜9月累計1.7%減の約2兆9445億円

2019/10/01 13:27

カジノのイメージ(資料)—本紙撮影
 マカオ政府博彩監察協調局は10月1日、今年(2019年)9月のマカオの月次カジノ売上について、前年同月から0.6%増、前月から9.0%減となる220.79億マカオパタカ(日本円換算:約2951億円)だったとする最新統計を公表した。

>> 続きを読む

マカオカジノ運営大手サンズチャイナが従業員向けレスポンシブルゲーミング上級トレーニング講座を7年連続開催…ギャンブル依存対策の一環

2019/09/26 20:01

サンズチャイナが従業員向けに開催したレスポンシブルゲーミング上級トレーニング講座の様子(写真:Sands China Limited)
 マカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、サンズチャイナが9月24、25日にかけて、ゲーミングテーブル部、スロットマシン運営部、キャッシャー、国際市場開発部、ローヤルティマーケティング部、市場開発部、警備部、人事部、料飲部、コンシェルジュ・顧客サービス部等に所属するマネージャー級以上の従業員122人を対象としたレスポンシブルゲーミング(責任あるギャンブル)上級トレーニング1日講座を開催。

>> 続きを読む

セガサミークリエイションのビデオスロットゲーム2タイトルがマカオの大型カジノ施設で初稼働

2019/09/18 16:04

『Moonlight Treasure™』の筐体イメージ ©SEGA SAMMY CREATION INC.
 セガサミーグループのセガサミークリエイションは9月18日、同社のビデオスロットゲーム『Fortune Tiles of Dragon™』及び『Moonlight Treasure™』がマカオの大型カジノ施設で初稼働したと発表。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年1月25日発刊 (2月号 vol.080」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース