マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

カジノ

「ギャンブル行為には適応性が存在」マカオ理工学院研究発表…カジノ産業依存型経済からの脱却提言

2020/07/22 19:47

 マカオの公立高等教育機関マカオ理工学院(MPI)のゲーミング&ツーリズム研究センターは7月20日、「ギャンブラーの疲労:ギャンブラーのギャンブル行為の進化傾向」と題した研究発表会を開催した。

>> 続きを読む

マカオカジノ監理当局がカジノ施設における防疫措置の実施状況を視察…入場時の新型コロナウイルス陰性証明書提示必須化受け

2020/07/19 09:36

 マカオにおよそ40あるカジノ施設は新型コロナウイル感染症(COVID-19)流行下、2月5日から19日までの15日間にわたる休業があったもの、同月20日以降は厳格な防疫対策を講じた上で営業を再開している。

>> 続きを読む

マカオ、今年第2四半期の総ギャンブル売上95.5%減の約445億円にとどまる…新型コロナの影響でインバウンド旅客激減

2020/07/17 10:26

 豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノ施設ばかりが目立つが、実はマカオには競馬、サッカー及びバスケットボールを対象としたスポーツくじ、ロトといった各種合法ギャンブルも存在し、政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ民間事業者によって運営されている。

>> 続きを読む

マカオ、カジノ入場時の新型コロナ陰性証明書提示を必須化…マカオ〜広東省間の水際対策緩和受けての予防措置

2020/07/14 12:13

 マカオのカジノ施設は厳格な防疫対策を講じた上で営業を続けている。マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センターは7月13日夜、カジノ施設入場条件として、同月15日午前0時から新たに新型コロナウイルス拡散検査陰性証明書の提示を必須化すると発表。

>> 続きを読む

「マカオのカジノ王」スタンレー・ホー氏の葬儀が3日間にわたって執り行われる

2020/07/10 15:58

 今年(2020年)5月26日に死去した「マカオのカジノ王」と呼ばれた実業家のスタンレー・ホー氏(享年98歳)の葬儀が7月8日から10日にかけて香港・北角にある香港殯儀館で執り行われている。

>> 続きを読む

マカオ司法警察局がカジノの最前線で働くスタッを対象に防犯能力向上のためのワークショップ開催

2020/07/10 14:09

 マカオ司法警察局は7月10日、同月9日午前にカジノの最前線に勤務するスタッフを対象とした防犯能力向上を目的としたワークショップをカジノIR(統合型リゾート)運営大手のギャラクシーエンターテインメントグループ(GEG)社と合同開催したと発表。

>> 続きを読む

コロナ封じ込めに成功したマカオのIRが実践する防疫対策とは…運営会社GEGに聞く

2020/07/09 11:25

 新型コロナの流行が世界各地へ拡大し、終息の兆しが見通せない中だが、記事執筆時点マカオの累計感染確認者数は46人(輸入性症例44人、輸入関連性症例2人)にとどまっており、輸入関連性症例に限ると100日間にもわたって確認されていない。これまで市中感染、院内感染の発生もいずれもゼロとなっており、新型コロナの封じ込めに成功した例として、世界から注目を集める存在となっている。

>> 続きを読む

マカオカジノIR運営大手GEG、8月末までに従業員5000人超へレスポンシブルゲーミング関連トレーニング機会提供

2020/07/08 18:19

 マカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)「ギャラクシーマカオ」などを運営するギャラクシーエンターテイメントグループ(GEG)は7月7日、6月から8月末にかけて5000人超の従業員に対する「レスポンシブルゲーミング(責任あるギャンブル)」関連のトレーニング機会を提供していると発表。

>> 続きを読む

マカオ、6月のカジノ売上対前年97.0%減の約97億円…新型コロナによるインバウンド旅客減響く=1〜6月累計は77.4%減

2020/07/01 13:27

 マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は7月1日、今年(2020年)6月のマカオの月次カジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)について、前年同月から97.0%減、前月から59.4%減となる7.16億マカオパタカ(日本円換算:約97億円)だったとする最新統計を公表。今年に入って以降の最低値となった。

>> 続きを読む

マカオカジノ運営大手サンズチャイナが従業員向けの新レスポンシブルゲーミングトレーニング講座を開講…ギャンブル依存対策の一環

2020/06/22 19:14

 マカオ政府とコンセッションを結ぶカジノ運営事業者6陣営の一角、サンズチャイナは6月22日、マカオの3つのギャンブル依存対策に取り組む社会福祉機構と合弁で新たなレスポンシブルゲーミング(責任あるギャンブル)トレーニング講座を開講し、従業員440人が受講を通じてレスポンシブルゲーミングへの認識を高めたと発表。

>> 続きを読む

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年10月23日発刊 (11月号 vol.089」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース